◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「球春到来」:西南学院大対東京大学オープン戦 

対東京大学オープン戦天気はあいにくで、曇り、小雨もちらついて寒さを感じましたが、同級・球友の船津君と西区田尻にある西南学院田尻グリーンフィールドに野球観戦に出かけました。



糸島のリョーユーパングラウンドで春合宿中の東京大学とのオープン戦です。東京在住の節には神宮球場や東大グラウンドで時々見ていたチームなので興味がありました。当時の印象はさすが東大、クレバーなチームであることが脳裏にあり、その点に注目してオープン戦を観戦しました。



グラウンドに到着した時は、第一試合の7回裏で西南学院が7-2でリードしていましたので、ゲーム的な分析をすることはできませんでした。結果はそのまま西南学院が勝利しました。この時期は、勝った負けたよりも重要なことはそのゲームで何をテストしたか?であると考えます。春のリーグ戦までのスケジュールで、目標に対しその進捗状況を計るためのテストをどれほど行ったか?だと思います。



対東京大学オープン戦昼食を挟んで第二試合が予定されているということで引き続き観戦しました。昼食時、バックネット裏で東大の石上君と話す機会がありました。彼は一年生の投手だそうですが、肩を痛めていて今は投げられない状態でした。よい機会ととらえじっくり走りこんで下半身の強化に努める等、有意義な話ができました。話していて頭のよさが十分に感じられる好青年で、きっといい投手になると感じました。



第二試合を5回まで観戦しましたが、東大はバント、走塁をキッチリやるチームとの印象を受けました。東京六大学の強豪チームに勝つには絶対必要なことです。自分たちができることを手抜きをせずキッチリやる。大切なことです。



短時間でしたが、久しぶりに野球を堪能することができました。西南学院大が学ぶべき点が随所にあり、現役の選手は参考にしてほしいと思います。
野村元監督の言う「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」は、けだし名言であると思いました。

スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン

行徳正祐前監督を偲ぶ会 

行徳前監督を偲ぶ会昨年12月10日に開催された、行徳正祐前監督を偲ぶ会の報告がS46年卒の眞鍋君より送られてきましたので、ブログに掲載します。

福岡市西区姪の浜の臨済宗大徳寺派の海晏山・興徳寺本堂に参集し、住職福山正文先輩(修猷館野球部のS35年卒)による読経、供花、焼香のあと、敷地内のお墓に移動し、再び読経、焼香を行いました。

その後、バスで修猷館高校に移動し、練習中の現役を激励しました。

会食はアークホテルで行い、各学年のOBが行徳前監督との思い出を語り合いました。普段は顔を合わせることのない同窓生多数とお会いでき大変有意義な会でありました。

Twitter「つぶやく」ボタン

桜回遊 

市民センター先日の雨で桜もおしまいかと思ったが、葉の青さが目立っては来たが、まだ咲き誇っている。今日は福岡県知事、県議会議員、市会議員の投票日ではあるが、立候補者の顔ぶれを見ても???。今回は全面棄権とした。

「刹那の命」の桜との別れを惜しむ事のほうが価値がある。そんな思いで回れるだけ桜見物を・・・と回ってみた。

まずは福岡中央市民センターだ。福岡城址の南側、警固中学校周辺である。市民センターでは投票を終えた家族連れが桜との別れを惜しんでの宴会である。

徒歩で回る予定なので、目標は1万歩だ。次は六本松から陸軍墓地を目指した。かって実家があった梅光園に近く、盆踊りなど慣れ親しんだ場所である。


下長尾公園墓地のすぐ南側には中学時代の恩師・藤永君先生のお宅があったことを思い出した。今はその形跡を発見することができなかった。

梅光園の旧実家の横を抜けて、母校・友泉中学へ向かった。周りの風景はかなり変わってしまったが、母校の佇まいは当時と同じであった。

友泉の丘から南の方向にひとかたまりの桜が見える。その地点を目指した。樋井川が曲がっているところの辺りにある下長尾公園の桜であった。

公園の周りを桜の木が取り囲んでいる。公園の中は家族連れやクラブ活動の学生でいっぱいである。ここではすでに桜吹雪が舞っていた。

長住経由で自宅へ。時間的には約2時間、歩数にして1万200歩の楽しい桜回遊となった。明日は雨の予報であり、桜の季節はいよいよ終わりを告げることになろう。道すがら多くの桜を見ることができた、感謝。



Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2011/04/10 21:28 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

今日もポカポカ陽気です。 

平和台の桜福岡地方は今日も朝からポカポカ陽気である。若干、風の冷たさを感じるものの・・・。なにはともあれこの季節はやはり”桜”である。

裁判所の近くに行く用事があったので、お堀越に福岡タワー方面を眺めてみた。春休みも残り僅か、そこそこの人出である。

鴻臚館の入口付近では、新人の看護師さんたちの一団であろうか、桜をバックに記念撮影をしている様子が見える。春は旅立ちの季節でもあり、スタートの季節でもあるのだ。

仕事場の仲間とは、10日にささやかな「花見」を予定しているが、この状況だとそれまで「桜」は待ってくれないかも知れない。心晴れ晴れの一日が過ごせたことに感謝である。




Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2011/04/05 22:32 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

自粛気味のお花見 

大池公園今日は福岡地方気象台から桜の満開宣言が出された。とは言っても、福岡でも咲き具合は場所によってまちまちのようだ。

東日本大震災の影響で、「お花見」「桜まつり」は日本人らしく自粛ムードのようである。

近所の野間大池公園に行ってみた。本数は少ないが桜はすでに八分咲き以上である。

入口近くでは家族連れがバーベキューで宴会中であったが、静かに「花を愛でる」といった雰囲気である。

今週末には桜はもう散り始めているであろう。桜の花を見て、その華やかさそしてその儚さを感じるのは私だけではあるまい。



Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2011/04/03 22:39 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

一挙に満開に向かって! 

平尾霊園
舞鶴公園
開花した桜は一気に満開に向かって足取りを早めてゆく。今日の冷たい風にも拘らずその足取りを止めないのである。今日は東北大震災から2週間、復興への足音も着実に伝わってきている。

第83回選抜高校野球大会は23日に開幕し熱戦を展開している。当日には九州国際大付が登場し前橋育英(群馬)を「1イニング3本塁打の大会新記録」で破っている。センバツが始まってひとつの日常が復活した感は否めない。

今日の第3試合では水城(茨城)対光星学院(青森)の被災地域同士の対戦があった。結果は10-0で光星学院の勝利であったが、両地元ともこの試合に勇気づけられたに違いない。プロ野球とは違う高校野球の素晴らしさである。

開幕からナイターで・・・、このエゴは世論がセントラルリーグを跳ねつけた。特に未だに盟主ズラをする巨人の態度は、巨人ファンであっても許せない。「渡辺」の爺は即刻退場である。渡辺に同調する読売グループの役員たちは「タダ居るだけ」の存在か?

昨日は平尾霊園の開花を確認した。固かった蕾から僅かに4~5輪の桜が顔をのぞかせたいた。今日、舞鶴公園の西のハズレにある舞鶴中学校を通ると、もう三分咲き程度になっていた。気象庁の発表通り月末が満開、「お花見」に最適ということになるであろう。

被災地はそれどころではない。原発に依存してきた電力事情は一気に崩壊の危機である。有効な手立ては「節電」という方法しかないらしい。その中で腹立たしいのが放送局だ。放送時間の短縮などの声は全く聞かれない。ニュースキャスターを食わせるためか?

ニュースキャスターは腹がたつ。民間放送は放送を自粛して節電に協力すべきだある。どの局を見ても代わり映えがしない。「知ったかぶり」「エセ正義漢」こんなキャスターばっかりである。アナウンサーの天下り先になっている「報道番組」。何とかしなければ・・・・。民間放送にこそ「輪番制放送」が必要だ。



Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2011/03/25 22:55 ] 生活・文化 | TB(0) | CM(0)

桜(ソメイヨシノ)が開花 

福岡管区、佐賀地方両気象台は22日、福岡市と佐賀市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表しました。静岡、熊本についで全国で3番目です。福岡市の場合、昨年より8日遅いものの、平年よりは4日早い開花となったということです。

【日本は存外広大なものらしく、昆布でだしをとるという習慣は、大阪湾から蝦夷地へゆく北前船の往来航路である日本海岸では、おなじ東北地方でも、秋田、酒田、鶴岡などにおいてふるくから定着していたが、太平洋岸の八戸ではその習慣と縁が薄かったようでもあり、目をみはるおもいがした。】 菜の花の沖(四)のあとがきでの司馬遼太郎氏の記述である。

おなじ東北と言っても、日本海側と太平洋側は異質の文化を培ってきたのかも知れない。桜前線も、九州地方から3週間ほど遅れて東北地方に差し掛かる。精神的にも、地理的にも日本は存外、南北にも、東西にも広大なものらしい。

関東、東北地方は先日の大震災で混乱の真っ只中である。震災の傷跡も癒えない状態の中で原発問題を抱えるという二次災害に遭遇している。桜前線がこの地方に到達する頃には、みんなの顔に笑顔が戻り、復興の槌音が確かに聞こえているように、日本国民全体が自分でできることを着実に行っていくことを期待するばかりです。前線で命をはっている自衛隊、警察、消防の人たち比べ、無能な政治家の考えのない発言には憤りを感じる。



Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2011/03/22 22:06 ] 生活・文化 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。