◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「球春到来」:西南学院大対東京大学オープン戦 

対東京大学オープン戦天気はあいにくで、曇り、小雨もちらついて寒さを感じましたが、同級・球友の船津君と西区田尻にある西南学院田尻グリーンフィールドに野球観戦に出かけました。



糸島のリョーユーパングラウンドで春合宿中の東京大学とのオープン戦です。東京在住の節には神宮球場や東大グラウンドで時々見ていたチームなので興味がありました。当時の印象はさすが東大、クレバーなチームであることが脳裏にあり、その点に注目してオープン戦を観戦しました。



グラウンドに到着した時は、第一試合の7回裏で西南学院が7-2でリードしていましたので、ゲーム的な分析をすることはできませんでした。結果はそのまま西南学院が勝利しました。この時期は、勝った負けたよりも重要なことはそのゲームで何をテストしたか?であると考えます。春のリーグ戦までのスケジュールで、目標に対しその進捗状況を計るためのテストをどれほど行ったか?だと思います。



対東京大学オープン戦昼食を挟んで第二試合が予定されているということで引き続き観戦しました。昼食時、バックネット裏で東大の石上君と話す機会がありました。彼は一年生の投手だそうですが、肩を痛めていて今は投げられない状態でした。よい機会ととらえじっくり走りこんで下半身の強化に努める等、有意義な話ができました。話していて頭のよさが十分に感じられる好青年で、きっといい投手になると感じました。



第二試合を5回まで観戦しましたが、東大はバント、走塁をキッチリやるチームとの印象を受けました。東京六大学の強豪チームに勝つには絶対必要なことです。自分たちができることを手抜きをせずキッチリやる。大切なことです。



短時間でしたが、久しぶりに野球を堪能することができました。西南学院大が学ぶべき点が随所にあり、現役の選手は参考にしてほしいと思います。
野村元監督の言う「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」は、けだし名言であると思いました。

スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン

行徳正祐前監督を偲ぶ会 

行徳前監督を偲ぶ会昨年12月10日に開催された、行徳正祐前監督を偲ぶ会の報告がS46年卒の眞鍋君より送られてきましたので、ブログに掲載します。

福岡市西区姪の浜の臨済宗大徳寺派の海晏山・興徳寺本堂に参集し、住職福山正文先輩(修猷館野球部のS35年卒)による読経、供花、焼香のあと、敷地内のお墓に移動し、再び読経、焼香を行いました。

その後、バスで修猷館高校に移動し、練習中の現役を激励しました。

会食はアークホテルで行い、各学年のOBが行徳前監督との思い出を語り合いました。普段は顔を合わせることのない同窓生多数とお会いでき大変有意義な会でありました。

Twitter「つぶやく」ボタン

修猷館、好機逃がす 

今年もまた夏の高校野球の季節が巡ってきた。昨年、母校・修猷館は20年振りのベスト4進出に沸いたが、今年は昨日残念ながら宗像高校との一回戦で、5-6の接戦に破れ姿を消した。

学生スポーツは、言うまでも無く、選手の学年が毎年進級しその構成が変わるため、一年々々のチームマネジメントが重要となる。毎年、同一戦力で弱点を補強して修正目標とするわけにはいかないのである。新チームは毎年“0”からのスタートなのである。

伝統校(指導者)といわれる学校はそのノウハウを手にしているのであろう。広島商業には毎年引き継がれるノートがあると聞いたことがある。その内容は「成功の記録」と言うよりは「失敗の記録」なのだと。環境は変化するものであるからこそ、過去の失敗例ほど肝に銘じておくことだ。

今年の母校は一回戦敗退、ではあるが今年一年を総括し、再出発(再計画、再目標)しない限り、「いつの日か甲子園」という希望が達成されることは無かろう。
胸を張って夏終える:村山智洸・修猷館主将

試合後、一瞬チームから離れ、涙をこらえて深呼吸した。そして胸を張って仲間の輪に戻った。「結果は悔しい。だけど練習してきたことに悔いはないです」

三塁手として出場した昨年の大会。チームは20年ぶりに県大会4強入りした。「接戦になったら勝てるチャンスがある」。

次々と競り勝ったあの夏の試合のイメージを後輩にも語ってきた。レギュラーにはほかに昨年の大会経験者が4人。先輩が作ってくれた目標(4強)に向かって「自分たちの野球をやろう」。心に誓って試合に望んだ。

5点を追う六回。先頭打者で打席に入り、中前打を放った。これを口火に集中打で4点返し、1点差に。昨年と同じ接戦の展開。だが違ったのは、最後に勝利の女神がほほ笑まなかったことだ。

「(昨年の成績への)プレッシャーに負けるような姿を見せず、よくチームを引っ張ってくれた」。衛藤震治監督はねぎらいの言葉を送った。

西日本新聞:7月8日朝刊=

Twitter「つぶやく」ボタン

夏の甲子園 予選組み合わせ 福岡大会 

6月18日、第92回全国高等学校野球選手権大会の抽選会が行われ、南部大会、北部大会の組み合わせが決まった。

■北部大会  ⇒組み合わせ  
 ・7月3日(土)~11日(日) 
 ・北九州市民,桃園,的場池,中間,筑豊緑地球場

■南部大会組み合わせ  
 ・7月3日(土)~11日(日) 
 ・春日,桧原,小郡,久留米,大牟田球場
高校野球福岡大会、組み合わせ決定 宣誓は八幡中央主将

第92回全国高校野球選手権福岡大会(朝日新聞社、県高野連主催)の組み合わせ抽選会が18日、中間市のなかまハーモニーホール(北部55校)と福岡市の筑紫丘高校講堂(南部78校)であり、新たに加盟した星琳(北九州市)を加えた出場133校の対戦相手が決定した。

抽選は、昨秋以降の公式戦の実績などで決まったシード校(南部11校、北部8校)から始まり、緊張した雰囲気がただようなか、各校の主将が次々とくじを引いていった。

 開会式は7月3日午前10時から、北九州市民球場である。選手宣誓をするのは八幡中央の石橋直人主将(18)。希望した34人の一番最後にくじを引いた石橋主将は「取った瞬間『宣誓』と書いてあるのが見えてびっくりした。世話になった両親、先生、地域の方々に感謝の気持ちを込めて、一生懸命やりたい」と意気込みを語った。

 開会式の後、正午から南部の柏陵―新宮、午後2時半から北部の青豊―小倉西の開幕試合がある。

 南北大会は11日まで。勝ち抜いた北部8校、南部11校の計19校が、17日から北九州市民球場である4回戦以降の決勝大会に進む。決勝は24日。決勝大会の抽選は15日、北九州市の九州共立大自由ケ丘会館である。

朝日新聞
■福岡県大会  抽選会:7月15日(木)
 ・7月17日(土)~24日(土)
 ・北九州市民球場 Twitter「つぶやく」ボタン

最優秀防御率に三嶋投手(法大):東京六大学野球 

東京六大学野球春季リーグ戦は伝統の早慶戦で優勝が決まるというドラマチックな展開で幕を閉じた。1勝1敗で3回戦までもつれ込んだが、慶大が早大を6-4で下し11季ぶり32回目の優勝を決めた。

首位打者は0.381で渡辺侑選手(早大)が獲得。最優秀防御率には福岡工業高校出身、法政大学2年の三嶋投手が防御率0.39で獲得した。

三嶋投手は高校時代から150㌔の急速を誇る投手で、将来が大いに嘱望されている。











Twitter「つぶやく」ボタン

春季リーグ戦 最終成績 

九州六大学野球春季リーグ戦は25日で終了した。

西南学院大学は6勝4敗で3位と昨秋の順位を上回った。表彰選手では八木修平投手が敢闘賞を獲得。ベストナインには二塁手で時任大地選手、外野手で川嶋謙選手が選出された。川嶋選手は秋に続き2季連続の選出となった。打率十傑では5位に打率0.376で時任大地選手、10位に0.346で小谷彬浩選手がランクされた。

最終順位 表彰選手 Twitter「つぶやく」ボタン

福岡大が優勝 

前日の一回戦で、7-1で九州大を下し、3季ぶり48度目の優勝に王手をかけていた福岡大学が、二回戦も初回と2回、九大先発の高尾を攻め4点を先制。九大の反撃を三投手の継投で1点に凌ぎ、4-1で勝利し優勝を決めた。

福岡大は第59回全日本大学野球選手権大会に出場し、南東北大学野球連盟代表と対戦する。(⇒トーナメント表

先日8-6で久留米大学が先勝した九国大戦が4位5位決定戦であり、本日の西南学院大対北九州市立大戦が2,3位決定戦となった。

試合は西南学院大・八木と北九州市立大・栗林両投手の白熱した投手戦となった。

北九州市立大は4回裏のチャンスにタイムリーが出て1点を先制した。粘る西南学院は最終回先頭の3番高尾の大きなフライをセンターが落球し無死2塁のチャンスをつかみ、四球に犠牲バント処理の暴投に恵まれて2-1で勝利した。

北九州市立大は8回裏のダメ押し機の攻撃で加点できなかったのが響いた。
福大3季ぶりV王手 斉藤5勝目、山平援護打
九州六大学野球春季リーグ戦(西日本新聞社など後援)最終週第1日は21日、福岡市南区の桧原運動公園野球場で2試合を行い、福岡大が7-1で九州大を下し、3季ぶり48度目の優勝に王手をかけた。福岡大は3回に林誉之(2年・清峰)の右前適時打で先制すると、4回に山平恭正(4年・れいめい)の中越え三塁打などで4点を追加。先発の斉藤翔平(3年・延岡学園)が7回無失点と好投して快勝した。久留米大は九国大に8-6で勝ち、昨年春秋連覇の九国大は4位以下が確定した。

 ●「メガ丼」効果 投打がっちり

 「メガ丼」パワーで2年ぶりの神宮に王手をかけた。「神宮で福岡大の名をとどろかせたい。4年生に恩返しがしたいです」。リーグトップの5勝目を挙げた斉藤は、優勝決定が待ち切れんとばかりに声を弾ませた。

 伸びのある直球で追い込むと、スライダーやツーシームで打ち取って7回4安打無失点。延岡学園高2年の春に内野手から投手に転向した3年生エースが、この春は一回り大きくなった体で存在感を示した。

 冬場は1日6合のご飯を平らげて8キロ増量。自炊ができない時は、捕手の山平と「すき家」で並盛りの倍近い「メガ牛丼」をかきこんだ。「山平さんといろいろな話をして、信頼関係が深まりました」。牛丼効果は体重増だけではない。

 2季ぶりに開幕マスクをかぶった山平は、グラウンド外でも積極的に仲間たちと交流を図ってきた。この日は4回1死一塁に中越え適時三塁打。打ってもエースをもり立てた。

 「一気に連勝して決めます」と宣言した山平。1年春の最終戦で8回から2イニングを抑えて胴上げ投手になった斉藤も、「明日も良いとこ取りしたいですね」とちゃめっ気たっぷりに2年前の再現を予告した。波に乗った福岡大が、あと1勝をがっちりつかむ。

■ラスト1戦 完全燃焼だ 久留米大

久留米大が九国大との接戦を制した。初回に4番矢沢の左前適時打で2点を先制したが、4回に追いつかれ同点。7、8回に2点ずつ追加して逃げ切った。2本の適時打を放った藤崎主将は「今季の序盤は昨秋の準優勝が重圧になっていたけれど、連敗して吹っ切れました。最終戦は4年生が引っ張って勝ちたいです」と気合十分。あす23日の九国大戦での完全燃焼を誓った。

=2010/05/22付 西日本スポーツ
福岡大 3季ぶり48度目V
■全日本に23回目出場

九州六大学野球春季リーグ戦(西日本新聞社など後援)最終週第2日は22日、福岡市南区の桧原運動公園野球場で2試合を行い、福岡大が4-1で九州大を下して連勝、通算8勝2敗で3季ぶり48度目の優勝と、23度目の全日本大学野球選手権(6月・神宮球場ほか)出場を決めた。福岡大は初回に4番川本義鐘(4年・福工大城東)の適時二塁打と7番大原成二(3年・日南学園)の2点適時打で3点を先制し、2回にも1点を加えて序盤で4点をリード。最後を締めた斉藤翔平(3年・延岡学園)ら3投手のリレーで九州大の反撃を1点に抑えて逃げ切った。西南大は北九大に2-1で逆転勝ちして6勝3敗とし、5勝3敗1分けの北九大と23日の最終日に1988年秋以来22年ぶりの2位をかけて対戦する。

■フル活躍 エース斉藤歓喜
福岡大の3年生エース斉藤が、歓喜の雄たけびを上げた。前日に先発して7回を無失点で5勝目を挙げたのに続く連投で2イニングをパーフェクトで締め、“胴上げ”投手だ。

 「最初からの予定通り、あいつしかいない」。樋口修二監督がVの立役者に与えた感謝のマウンドだった。今季10試合中9試合に登板。先発6試合、リリーフ3試合で5勝1敗。文字通りフル回転で支えた。

 福岡大は2007年秋から3季連続制覇の後、昨年の春秋と九国大に連覇を許した。九国大、久留米大との三つどもえの優勝決定戦にもつれ込んだ同年秋には6季ぶりに3位に転落。斉藤が久留米大戦で3回5失点KOされるなどして2連敗した。「先輩を神宮に連れて行って恩返しをしたかった。自分がやらなければと思っていた」と昨秋の雪辱を誓って、全試合登板も覚悟していたという。

 樋口監督が「2敗した時点で、秋を考えた」という苦境から後半5連勝で巻き返し、粘りの優勝で全日本大学選手権出場を決めた。春秋連覇した2008年は秋の明治神宮大会ともども初戦で敗れたが、樋口監督は「斉藤は、まともにくる打線を相手にした方が力を出す」と、逆転Vの推進力となったエースに全国舞台での本領発揮を期待する。リーグ戦での雪辱を果たしたエースは「一つは勝ちたいですね」と、神宮での雪辱に目を向けた。

=2010/05/23付 西日本スポーツ
Twitter「つぶやく」ボタン

九州六大学野球 最終週 

九州六大学野球は本日から3日間、福岡市南区の桧原運動公園野球場で最終週の計6試合が行われる。

現時点での上位3校(福大:6勝2敗,北九大:5勝2敗1分,西南大:5勝3敗)に優勝の可能性があり、熱戦が予想される。
九州六大学野球春季リーグ戦(西日本新聞社など後援)は21日から3日間、福岡市南区の桧原運動公園野球場で最終週の計6試合を行う。6勝2敗で単独首位に立つ福岡大が21、22日の九州大戦で連勝すれば、福岡大の3季ぶり優勝が決まる。

 福岡大は前週、昨年の春秋を連覇した九国大に連勝。今季初本塁打を放った山平恭正(4年・れいめい)や、昨秋の打点王の川本義鐘(4年・福工大城東)を中心に勝負強い攻撃で、3年生右腕の斉藤翔平(延岡学園)ら投手陣を援護した。

 5勝2敗1分けで2位につける北九大は、5勝3敗で3位につける西南大と戦う。福岡大が1勝1敗の場合、北九大が連勝すれば北九大の逆転優勝、西南大が連勝すれば福岡大と西南大が優勝決定戦を行う。


=2010/05/21付 西日本スポーツ
優勝校は第59回全日本大学野球選手権大会の出場権を得る。現在九州では九州地区の西日本工業大学が決まっている。

H22春 対戦表 Twitter「つぶやく」ボタン

九州六大学・春季リーグ戦・第4週 

九州六大学野球春季リーグ戦は15、16日に福岡県小郡市の小郡球場で第4週の計6試合が行われた。
北九州大 16日にも優勝

九州六大学野球春季リーグ戦(西日本新聞社など後援)は15、16日に福岡県小郡市の小郡球場で第4週の計6試合を実施する。5勝1敗で単独首位に立つ北九大が久留米大に連勝し、4勝2敗で追う2位の福岡大が九国大に連敗すれば、北九大の10季、5年ぶりの優勝が決まる。

 北九大は投手陣が安定。エース右腕の小山元希(長崎日大)から左腕の栗林裕己(防府)につなぎ、原岡寛典(戸畑)が抑えるという3年生トリオのリレーが必勝パターンだ。小山はここまで29回1/3を投げて防御率1.23。第2週の九大戦で完封勝利を挙げて以来、3戦連続無失点投球を続けている。栗林と原岡はともに5試合に登板し、自責点はゼロだ。

 3勝3敗の九国大と西南大が3位。九大、久留米大と続く。現時点ではすべての大学に優勝の可能性が残されており、この2連戦が正念場となる。

=2010/05/15付 西日本新聞朝刊=


15日・一回戦

①北九大●2-4x○久留米大 ②九州大●0-5x○西南大 ③福岡大○9-3●九国大

【16日・二回戦】
①西南大○10-0●九州大 ②九国大●3-6x○福岡大 ③久留米大5-5北九大(延長12回引き分け再試合)

この結果暫定順位は以下の通りとなった。
①福岡大 6勝2敗 ①北九大 5勝2敗1分 ③西南学院大 5勝3敗 ④九州国際大 3勝5敗 ⑤久留米大 2勝5敗1分 ⑤九州大 2勝6敗

最終週は21日から23日、桧原球場で行われる。福岡大は九州大と北九大は西南大との対戦となる。いずれにしても優勝の条件は3敗まで。過去の対戦を見ても福岡大は意外ではあるが九州大に苦手意識があるので予断を許さない。西南学院大は北九大に連勝しなければ優勝は無い。 Twitter「つぶやく」ボタン

西福戦観戦 

今年のゴールデンウイークは天候に恵まれた。ここ2~3日は初夏を思わせる陽気である。今日はその最終日、昨日の一回戦で西南学院大学が福岡大学に勝利したと言うことで、本日は県営春日球場へ応援に出かけた。

試合は初回西南が4番川嶋の2ランで先制し優位に試合を運んだが、7回表西南投手陣の制球難に付込んだ福岡大学が3点で逆転しそのまま逃げ切った。西南の敗因としては、4~5回の追加点チャンスを潰したことだ。

九州六大学野球春季リーグ戦は第3週を終了して北九州市立大が5勝1敗で首位。優勝に大きく近づいたと言える。同大は6試合中4試合を完封、得点24、失点5で非常に安定している。(H22春 対戦表

母校西南大はチームとして後一歩のとこまでは来ているようだが、何が足りないのか全員で現状分析を行う必要があるのではないか。先輩としてはそう思う。

4月14日 福岡ドーム 対久留米大学 ○4-3
4月17日 桧原球場  対久留米大学 ●2-8

4月24日 久留米球場 対九州国際大 ●0-8
4月25日 久留米球場 対九州国際大 ○8-2

5月 4日 春日球場  対福岡大学  ○2-1
5月 5日 春日球場  対福岡大学  ●2-3

本日は、勝ちゲームであったと思われるので落としたことは痛いが、5月15、16日の九大戦、21、22日の北九大戦の4試合を残しているので、九大戦、北九大戦を連勝して最後まで優勝を目指して欲しい。
西南大が福大破り3勝目
九州六大学野球春季リーグ(西日本新聞社後援)の第3週第1日は4日、福岡県春日市の県営春日公園野球場で3試合を行い、北九大、西南大が勝利。九州大は久留米大を3-2で下し、今季初白星を挙げた。西南大はエース八木修平(4年・武蔵台)が9回を5安打1失点で完投。9回に小谷彬浩(3年・筑前)の右越え決勝打で福岡大に競り勝った。北九大が4勝1敗で単独首位に立ち、2位には福岡大、九国大、西南大が3勝2敗で並んだ。

■八木1失点完投勝利 小谷勝ち越し打
仲間の思いが詰まった1点を守りきった。2-1の9回2死一、三塁、フルカウント。八木が投じたこん身の直球に、福岡大4番の今塩屋のバットが空を切る。「見逃しで追い込んだとき、動揺が顔に出ていた」。心理的に優位に立った八木が、窮地を切り抜けた。

「開幕から不本意な投球が続いていて、今日こそはチームに恩返ししたかった」。全勝を誓って迎えた今季。力みと焦りで、冬場に修正したはずの「上体投げ」に戻っていた。九国大に3回1/3KOされた前戦から10日間でフォームを改善。球威がよみがえり、5安打完投で勝利をつかんだ。

 粘投に打線も応えた。4回には下田が右越えに同点のソロアーチ。1-1の9回2死二塁では、2安打の時任が敬遠され、これに発奮した小谷が初球を右越え二塁打にして勝ち越した。「試合ごとに日替わりヒーローが出る。雰囲気もいい」と松村監督も頼もしげにナインを見つめた。リーグ戦折り返し地点で3勝2敗と勝ち越し。投打のかみ合った西南大が波に乗ってきた。

西日本新聞)

北九大完勝 首位守る
九州六大学野球春季リーグ(西日本新聞社後援)の第3週第2日は5日、春日球場で3試合を行い、北九大が九国大に連勝して5勝1敗で首位を守った。北九大は下村進悟(4年・筑陽学園)が3ラン本塁打を含む2安打4打点の活躍。4投手の無失点リレーで8-0と完勝した。福岡大は7回に連続押し出し四球などで3点を奪い、3-2で西南大に逆転勝ち。4勝2敗で単独2位となった。九州大は久留米大に3-2で競り勝って連勝した。

西日本新聞)
Twitter「つぶやく」ボタン
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。