◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

横綱"風除け"謝罪会見 

謝罪なきままモンゴルへ帰国していた横綱・朝青龍が帰国して謝罪会見を開いた。「皆さまに長い間、大変なご迷惑を掛けたことを心からおわび申し上げます」「相撲は大好きなのでもう一度やり直そうと思った。足りない部分もあるので一からやり直したい」と少ない語彙を駆使して精一杯の会見であった。

記者団を前にしての会見あと、臨時横綱審議委員会(横審)に出席しそこでも高砂親方ともども謝罪を行った。再起まで厳しい意見を公言して憚らなかった、内館牧子委員と石橋義夫委員もその後の会見で態度を軟化させたところを見ると、朝青龍の気持ちは伝わったということである。

一方、同時にあの亀田大毅も謝罪会見を開いた。横綱・朝青龍の会見予定日時にあわせて開いたことはミエミエだ。どこまでも"姑息"なやり方だ。意図的に横綱を"風除け"に使ったとかんぐられても仕方のないやり方だ。

後は、どちらもファンがその評価をしてくれるであろう。どちらの会見がファンの胸に響いたかだ。言葉では「一(0)から出直します」ということであるから、後は今後の態度を見守るしかない。NHKがスポンサーの「大相撲」の朝青龍とTBSが応援するボクシングの亀田との差が、謝罪会見の"質"にモロに反映しているように思う。

スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/11/30 22:43 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

身分なき共犯 

公務員や会社役員など、一定の身分にあることが要件となる犯罪(身分犯)について、身分はないが犯行に加わった人を処罰する刑法65条の規定。収賄罪の場合、公務員と共同してわいろを受け取ったり授受を仲介したりした関係者に適用され、昨年の福島県談合・汚職事件では佐藤栄佐久前知事の弟が逮捕された。
守屋前防衛事件の逮捕に際し、その妻も収賄容疑で逮捕された。「身分なき共犯」としてである。新聞には、「夫に劣らぬ存在感」「宮ちゃんも、私を山田洋行の重役にすれば、希望通りに防衛庁(当時)の仕事を受けられるようになるわよ」「ゴルフ接待、守屋容疑者と妻が要求」等々、守屋幸子容疑者に関する記事が踊った。

「夫とともに、収賄の身分なき共犯の疑いで逮捕された守屋幸子容疑者は、旧防衛庁で事務次官の秘書をしていた時、守屋容疑者に見初められ結婚した。守屋容疑者を「坊や」と呼ぶこともあったといい、"豪腕次官"といわれた夫に劣らぬ存在感があった」(→西日本新聞)という。

新たに二女へ130万円、幸子容疑者へ200万円の振込が明らかになった。国民の税金をピンはねしたということだ。香川では借金のために事件はおきた。庶民はそんな厳しい生活を営んでいるのに、その上前をはねる卑劣な輩は厳しく粛清されなければならない。

報道各誌、各社が伝えるように、今後の関心は政治家関与に移っていくであろう。国民範となるべき高級公務員や政治家がこの様では「日本は溶けて」しまう。検察が社会正義を守るため、表舞台立つときが来た。国民の期待に応えてほしい。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/11/29 22:57 ] 社会 | TB(0) | CM(6)

香川三人不明事件の犯人は義弟 

犯人が判明して、暗澹たる気持ちになったのは私だけではあるまい。27日夜、事情聴取されていた三浦啓子さんの義弟、川崎政則容疑者が「3人を刺して殺害し、香川県内の山の中に埋めた」と自供し逮捕されたのだ。事件発覚から12日目のことだ。

それにしても、最近はこのような事件が多発する。本来家族というものは「助け合うもの」だと教えられてきた。人間関係を言う時の「絆」とは家族や友人など人と人を離れがたくしている結びつきを表現しているのだ。

しかし最近は、「親が子を」「子が親を」簡単に手にかける世の中になってしまった。「助け合う」ために存在しているのが「家族」ではないのか?いつから、家族(親族)が殺しあうようになったのか。産経新聞の特集のように「日本人は溶けてゆく」のか。高度成長からバブルそしてその崩壊を経験した日本人は単純なことに気がついていないようだ。

確かに能率、効率は大事なことだ。点数で評価することも単純でいいかもしれない。しかし、人を育てる、食物を育てる、国を育てる、そして文化を育てる。育てるということを計量化してことを単純化しようとしたところが今日の社会を現出しているのではないか思う。先人の叡智によって造られてきたこの国が崩壊しようとしている。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/11/28 05:00 ] その他の地方 | TB(0) | CM(0)

朝青龍騒動 最終章 

横綱審議委員の老人たちが朝のテレビで吠えている。昨日の横綱審議委員会で、高砂親方(元大関朝潮)の説明がまずかったようだ。勇み足!! どうも朝青龍本人との摺りあわせなしに、親方の即答が原因のようだ。余生少ない"委員"はいきりたった・・・。

亀田問題と同様、ファンへの謝罪は必要だ。しかし、新聞記者をはじめとするマスコミや審議委員への謝罪は必要を認めない。彼らは"プロ"なのである。その必要性があれば自らするであろう。それにしても、この国では"プロスポーツとは何か?"が理解されていない。明治維新から教育の一環としてのスポーツしか考えられないのであろう。

◆2007年3月現在の委員(五十音順)
氏名役職就任年月
石橋義夫共立女子学園理事長2000年9月
井手正敬元JR西日本取締役相談役2005年3月
内舘牧子脚本家、小説家2000年9月
内山斉読売新聞グループ本社社長2005年5月
海老沢勝二前NHK会長1999年5月
大島寅夫中日新聞社社長2007年3月
澤村田之助 (6代目)歌舞伎俳優、人間国宝2003年7月
鶴田卓彦日本経済新聞社相談役2003年3月
船村徹作曲家2003年5月
松家里明元日本弁護士連合会副会長2005年3月
守屋秀繁千葉大学大学院医学薬学府長2007年3月
山田洋次映画監督、脚本家2004年1月

Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/11/27 15:24 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

交換トレードは球団、選手の活性化に効果? 

ストーブリーグの本当の楽しみは交換トレードである。確かに、ドラフトも新戦力がプロ野球界に加わるのであるから、それなりには面白みはある。それに今シーズンでリストラされ、まだやれそうな選手がどこに再就職するか? 興味は尽きない。



なぜ交換トレードが面白いかといえば、球団の経営に対する取り組み姿勢がモロに出るからだ。今秋初めての大型トレードが阪神とオリックスという在阪球団から発表された。阪神の浜中治外野手(29)、吉野誠投手(30)とオリックスの平野恵一内野手(28)、阿部健太投手(23)の2対2のトレードだ。

素質的には申し分のない浜中。しかし、故障がちでなかなか実力を発揮でない。あの長嶋さん折り紙つきの未完の大器がオリックスで花開くか?機動力があって内外野を守れる平野であればバランスは取れている。

「チームの活性化のためにトレードは必要」と各球団ともいうが、問題はその選手が本当に活性化されるかだ。該当選手には、新天地で「野球少年」に戻って本当に好きな野球に打ち込んでほしいものだ。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/11/26 22:12 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

三嶋先輩、「現代の名工」を受章 

年賀状が売り出され、デパートや各専門店からは「お歳暮」の申し込み用紙が送られてくる季節となりました。

その中に、フランス菓子16区からのものがありました。相変わらずの可愛いお菓子の数々と元気に仕事に取り組む三嶋先輩の姿がありました。

今回、三嶋先輩が厚生労働者が各分野の卓越した技能者を表彰する「現代の名工」を受章したことが記載されていました。
 このたび、思いもかけず「現代の名工」を受章しました。
もともと私は表彰というものにあまり興味がなかった。何年かぶりに家内と東京に行き、息子と共にお祝いの食事をごちそうになった。翌日の表彰式も緊張しなかったが、初めて年齢を意識した。「そんな年になったのかなぁ」
三嶋夫妻 福岡に戻ると電話、電報やお祝いをたくさんいただき「大変なことになった」と受章の重みを感じるようになった。

フランス菓子16区オープン以来26年、何よりもお客様に支えられてここまで来ました。表彰はお客様からいただいたものだと思う。心より感謝申し上げます。そして、関係者の皆様、取引先の業者さん、OB・OG、スタッフにも御礼申し上げます。

 家庭をかえりみず仕事をする私に不満もあっただろうが、黙ってついてきてくれた家内にはただただ申し訳なく思っている。これを機に、ますます精進し、常に現役でお菓子づくりに渾身の思いを込め、職人の道をひたすら歩んでゆきたい。

 それが皆様にいただいた「名工」という称号への恩返しになると思う。「ありがとうございました」

オーナーシェフ 三嶋 隆夫

26年前、先輩が苦労して開業した時のことが思い出されます。しかし、「フランス菓子16区」は、いまや福岡のみならず全国にまで名の知られた「名店」に育ちました。これは、三嶋先輩の頑固なまでの「職人魂」のなせるわざと感激しました!! Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/11/25 11:51 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

後継者は正哲(ジョンチョル)? 

新規にブログを始めてみたら、何と大好きな北朝鮮ネタがあった。毎日新聞の記事だ。

金正日の後継者として次男の正哲(ジョンチョル)が同国の最重要ポストの一つである朝鮮労働党組織指導部副部長に抜てきされていたというのだ。金正日が70歳になる5年後には正哲氏は32歳。金総書記が公式に後継者として登場した時と同じ年齢になる。その際に正式発表される可能性が高いと見ている。

しかし、北朝鮮は本質的には儒教の国だ。長男の正男(ジョンナム)しか考えられない。どこかの情報屋が流したガセネタか?




痛々しい写真!!

11日には、二子多摩川でいっしょに食事をした「孫」が左肘を骨折したということだ。
まだ、2歳8ヶ月、もう骨折を経験とは!
完治までは一ヵ月半程掛るとのこと・・・・
今はただ直すことに専念することしかない。

頑張れ 蒼ちゃん!!

Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/11/24 11:23 ] 国際 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。