◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

年末恒例「紅白歌合戦」 

毎年、大晦日は一日の時間が早く流れるような気がする。とにかく、何やかやとやっているうちに、気がつけば「紅白歌合戦」の時間が来ている、といった具合だ。

「紅白歌合戦」も年とともに趣を変えてきている。昔のようなただ歌手が出てきて、「今年の歌い納め」といったものではなく、ちょっと「凝り」過ぎといった感が否めない。

2007年著名な作詞家、作曲家が「鬼籍」に入った。今年なくなった音楽関係者を拾ってみた。井沢 八郎(1月17日)、鈴木 ヒロミツ(3月14日)、植木 等(3月27日)、山口 あかり (5月10日)、坂井 泉水(5月27日)、羽田 健太郎(6月2日)、ジェリー伊藤(7月9日)、阿久 悠(8月1日)などが今年なくなった。

美空ひばり、ZARD・坂井 泉水と阿久 悠が特別企画で取り上げられた。ZARDメモリアル。小椋佳×美空ひばり(愛燦燦)。最後の4曲は阿久 悠作詞の曲。「あの鐘を鳴らすのはあなた」(和田アキ子)、「北の蛍」(森進一)、「津軽海峡・冬景色」(石川さゆり)そしてとりは「契り」(五木ひろし)だった。よい歌はいつまでも歌い継がれ、残っていくものなのである。

スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/31 23:55 ] 生活・文化 | TB(0) | CM(0)

今の韓国・北朝鮮がわかる本 

政府は、外務次官に藪中三十二外務審議官(政務担当)、藪中氏の後任の審議官に佐々江賢一郎アジア大洋州局長、その後任に斎木昭隆駐米公使を宛てる人事を発表した。韓国大統領選挙で野党の李明博氏が当選したことを受け、盧武鉉政権より厳しい北朝鮮外交が予想され、その先手対応であれば外交オンチの日本とすればタイムリーヒットである。

薬害肝炎、年金問題と内閣支持率に歯止めのかからない福田政権にとっては初めて先手を打ったことになる。半島情勢に詳しい重村重計氏の近著によれば、この本は大統領選の前に上梓されているのであるが、【野党ハンナラ党の李明博候補が当選すれば、米韓関係の修復がはかられるだろう。また、日韓関係も好転を期待できる。その一方で、北朝鮮への支援にはブレーキがかかる。一方的な支援よりは、北朝鮮が譲歩すれば援助する「相互主義」に方向転換すだろう。】と予測している。

また、【与党候補が勝とうが、与党候補が勝利しようが、韓国の政治的、経済的な安定はなお難しいだろう。野党候補が勝利すれば、左翼勢力は今まで以上に、労働争議を激化させるかもしれない。左翼勢力が野党になると、経営者との対決は一層激化する。左右のイデオロギー対立が、激しくなる。経済の回復は、並大抵ではない。与党候補が勝利しても、前途多難だ。韓国経済が回復し、失業が解消する見通しは暗い。外交的には、アメリカ離れと中国接近が顕著になるだろう。いずれにしても、韓国は21世紀に繁栄を維持し、豊かな国家として生き残れるかどうかの、瀬戸際に立たされる。北朝鮮を、支えきれないからだ】と予測している。

もし今回のシフトが、そのような状況判断の上にされたものであれば、期待感は高まる。単なる支持率のためだけのものであれば対北朝鮮問題に関しては小泉政権の轍を踏むことになるであろう。重村氏は拉致問題が解決しない理由として7つ挙げている。
①首相は、拉致被害者全員の帰国を求めなかった。
②首相は、主権侵害を主張しなかった。
③首相は、拉致被害者救出よりも支持率上昇を狙った。
④政府は、拉致問題解決を日米同盟の共通目的にしなかった。
⑤北朝鮮に、「数ヵ月後の国交正常化」と「1兆円以上の経済協力」という、実行できない約束をしてしまった。この「ウソ」に金正日総書記は、怒っている。
⑥外交ルートの、きちんとした交渉をしなかった。北朝鮮の秘密警察幹部を相手にした。外交よりも工作を受け入れた。
⑦平壌の内部情報をきちんと入手できなかった。
福田政権は真摯に重村氏の指摘に耳を傾けるべきである。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/27 19:56 ] 政治 | TB(0) | CM(0)

やっと上がった腰(福田首相) 

薬害C型肝炎問題で福田首相が重い腰をやっと上げた。「世論」に屈した形の発表だ。今回は、公明党がかなり強硬な態度を取った事が、「全員一律救済」を内容とする法案を議員立法を行うと決断させたようである。

であれば最初から「役人」に遠慮することなく、小泉手法でこの問題に取り組むべきではなかったのか。31%まで落ちた支持率は今回のことで解消するとはとても思えない。

首相の指導力不足ばかりが目立つ昨今、今回の決定も国民にとっては当然のこととしか映らない。今後は行政責任を明らかにするという最も大切な仕事がある。責任者を明確にすることだ。

役人の「不作為」による問題がこうも頻発するようでは、国家そのものの危機である。福田首相には失うものは何もないのであるから、「年金問題」「防衛省問題」などに積極的に対応して欲しい。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/23 15:12 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

甲子園 初出場を祈って! 

母校、修猷館高校は未だ、春夏を通じて甲子園への出場経験がない。過去何度か惜しいことはあったが。昨年、新チームが福岡市長杯に優勝し、九州大会でも善戦して、「21世紀枠」の候補に福岡高野連から推薦を受けたが、最終には残れなかった。

1947年の夏、修猷館中学は、福岡県の決勝戦まで進んでいた。決勝では、当時黄金時代だった小倉中学に敗れた。翌年、学制改革で新制高校となったが、この年も修猷館高校は準決勝で小倉高校に敗退した。両年とも小倉が全国制覇しており、なんとも皮肉なことだ。この時は後に西鉄ライオンズ出活躍した河野昭修先輩が在籍していた。
河野昭修さんという選手がいた。福岡県内屈指の名門・修猷館高校の出身である。

47年の夏、河野さんがエースで四番の修猷館中学は、福岡県の決勝戦まで進んでいた。決勝では、当時黄金時代だった小倉中学に敗れたが、その小倉中は甲子園で全国優勝している。

翌年、学制改革で新制高校の3年に編入したが、この年も河野さんの修猷館高校は準決勝で小倉高校に敗退。その小倉高校はまたもや、夏の甲子園も制覇した。河野さんは卒業後、早稲田に進学。だが、戦後の混乱期で家庭の経済状況が厳しく、わずか3カ月で福岡に戻った。

そして西日本鉄道に入社し、ノンプロチームで野球を続けていた。翌50年、西鉄はノンプロチームを主体に西鉄クリッパーズを結成する。存在意義のなくなったノンプロチームは、その年の夏に解散し、行き場のなくなった河野さんはクリッパーズの運営会社の社員として、いちおうプロ契約を結んだ。

西鉄ライオンズ 最強の哲学

1957年、この年は両校とも勝てば初出場となる戸畑高校との決勝戦で4-10で敗れている。
甲子園へのチャンスは昭和三十二年にもあった。右投げ本格派の石井元亨(昭和33年卒)左投げ技巧派の内山清一郎(同)と左右の投手をそろえ天才的打者谷口津一(同)捕手松原明敏(同)一塁山路重敏(同)遊撃堀紘明(同)中堅森弘樹(同)らがいた。谷口は手首を使った大下ばりのバッティングでカンの鋭い打者。予選で大いに打ちまくったのだが、頼みの両投手が病気で倒れるという悲運でまた涙をのんでいる。一、二年生による臨時投手でがんばり抜き、決勝戦に進むが、戸畑と対戦したところで力尽き、敗れた。

(修猷山脈、西日本新聞社、昭和46年版より)

そして、最も記憶に新しい1989年だ。準決勝戦で新庄を要する西日本短大附属のまえに1-9と敗退した。
西短大付が三回、肩の痛みをおさえて六試合投げぬいてきた修猷館波多江を襲い二死二、三塁から四球、エラーを挟む4短打で一挙6点を挙げ、コールドで修猷館の三十二年ぶりの決勝進出を阻んだ。

初回に1点先制した西短大付は三回、連投の波多江に対し木下、堤が短打と死球で出塁。竹内が送り、一死二、三塁とした。続く浜口は三振に倒れ二死となったが、柳川戦のヒーロー木附が波多江の決め球のスライダーを中前にはじき返し2点。南條も中前安打で1点追加。さらに西村慎四球の後、相手のエラーや新庄、本村の左前安打などで打者十人の猛攻で一挙6点を挙げた。

四回に無死一、二塁の好機を併殺打で逸した修猷館は五回、先頭の福徳が右越え二塁打、石黒の左前安打で一、二塁とし、波多江の併殺打の間に福徳が返り1点を返した。なおも、緒方、岩井の連打と斉藤の四球で満塁と粘りを見せ、南條をマウンドから引きずり下ろしたが、代わった中島に後続を断たれた。
(西日本新聞)

来年こそ後輩諸君が頑張って、初出場を成し遂げて欲しい!! Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/22 22:28 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

大田区でもアスベスト被害 

大田区の東部、大森地区でアスベストによる健康被害と疑われる患者8名が見つかった。この地区には1988年まで石綿関連工場が操業していたということだ。

11月上旬に東京労災病院から「石綿の健康被害に特徴的な所見のある患者を複数診察した」と大田区の保健所に連絡があった。

単純な疑問であるが、全国各地でこの問題が取り上げられたのは、かなり以前のことであると記憶している。なぜ、大森の石綿関連工場についての調査がなされていないのか?

環境省公表資料による「特定粉じん発生施設」の中に大田区関係では3施設が上がっている。
ミヤデラ(大森工場) 使用期間:78~94
フキタ          使用期間:68~98
城南クラッチ工業所 使用期間:80~04

国は当時の従業員や下請け業者に注意を促す必要があるのではないか? 

Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/21 22:02 ] 生活・文化 | TB(0) | CM(0)

官僚に屈した政府・首相 

金で解決をはかろうとした政府。薬害C型肝炎訴訟の原告の心に響くことはなかった。面会を拒否し続けた福田首相の責任は今後問題になろう。既に内閣支持率は31%に急落している。

日本は三権分立の民主国家だと教えられてきた。司法、行政、立法各府にその意識はまったく感じられない。行政は法律を「通達」等という姑息な手段を使って横暴な振る舞いだ。しかし、この行政は今まで責任を取ったことは一度もない。年金問題も然り。給料泥棒にとっての天国である。

今回もその弊害がマトモに出た形だ。司法は超法規的な解決を求めて、内閣(立法府)の判断に委ねた。いわゆる「政治決断」である。しかし、総理大臣、厚生大臣にその技量はなかった。役人を抑えられないのである。原告は誰一人として私利私欲で行動しているのではない。このような薬害が二度と起こらないよう制度改正を期待しているのである。

記者会見をした厚生大臣が別室を通って出てゆくなどと、とても信じられない。東大でのバカ(舛添)は人として恥さらしな行動を平気で取った。これで厚労省は年金問題とあわせて信用を完全に失墜した。
このまま放っておくわけにはゆかない!!
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/20 23:14 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

西鉄ライオンズ 最強の哲学 

気になる本があったがなかなか訪れる書店に在庫がなかった。今日、所用で「東京ドーム」を通りかかったのでひょっとしてと思って立ち寄ってみたら、20冊程度がつまれていた。

その本は「西鉄ライオンズ 最強の哲学」。野球関連は今後ここに来ればあるということだ。→山下書店

中西太氏が義父である知将・三原脩氏について書いた、いわゆる「三原ノート」である。最強の野武士軍団「西鉄ライオンズ」の三連覇から半世紀になろうとする今、三原野球を再検分することは意義あることだ。

「われ、いつの日か中原に覇を唱えん」。巨人に必ず雪辱を果たすという強い信念がそこにあった。私が、野球を学んだ「行徳正祐氏」も記者時代に三原監督と接した人であったためか、読んでいて行徳氏の言葉として聞こえてくる不思議さを感じている。「三原ノート」は野球のみならず社会おける「解」を多数提供してくれるものと確信する。

魔術師決定版・三原脩と西鉄ライオンズ Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/19 22:51 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

福岡地裁が訴因追加命令 

2006年、福岡市東区の「海の中道大橋」で起きた3児死亡事故の裁判で福岡地裁が福岡地検に対し「訴因」追加命令を出した。福岡市元職員の今林被告は「危険運転致死傷罪」「道路交通法違反」で起訴されていた。

来年1月8日の判決言い渡しが間近に迫った今福岡地裁が異例の命令を出したということである。専門家の意見では「危険運転致死傷罪」について無罪となる可能性が高く「業務上過失致死罪」を訴因に加えるようにと言う事だ。

そもそも「業務上過失致死罪」では軽すぎる交通事故に関する事件が続発しているため、遺族の心情考えて「危険運転致死傷罪」が立法されたという経緯からして、今回の措置については疑問を感じざるを得ない。

裁判というものが法律にてらして、判決されることは十分理解しているつもりだ。しかし、人の感情を無視していいものではない。最近の裁判で特に感じるのは、「裁判官」に常識があるのかということで、このような疑問をもつ者は私だけではあるまい。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/18 23:09 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

残念な選考漏れだったが 

去る14日、日本高校野球連盟から来年3月22日から13日間、阪神甲子園球場で開かれる第80回記念選抜高校野球大会の「21世紀枠」の候補校9校が発表された。各県高野連から推薦を受けた44校が12月3日出揃い、その中に福岡県高野連から推薦を受けた修猷館高校は入っていたのだが。

最終の候補校は、武修館(ぶしゅうかん)=北海道▽大曲工<秋田>=東北▽安房(あわ)<千葉>=関東・東京▽成章<愛知>=東海▽富山中部<富山>=北信越▽畝傍(うねび)<奈良>=近畿▽華陵<山口>=中国▽富岡西<徳島>=四国▽長崎商<長崎>=九州の計9校となった。

本日、その中から大曲工(秋田)が野球部副部長の不祥事を理由に推薦辞退の届け出、日本高野連では東北地区高野連に代わりの候補校を選出するよう要請したとのことである。いずれにしても修猷館は入っていない。来年1月25日の選考会で、▽北海道、東北、関東・東京▽東海、北信越、近畿▽中国、四国、九州に3分割して各1校が選ばれることになる。

修猷にとっては残念な結果となったが、これを機に心機一転来年の夏の大会に「甲子園」を目指してもらいたい。あとは、縁のある「長崎商業」が選考されることを祈るのみである。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/17 22:34 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

支持率 急降下↓ 

共同通信が行った電話世論調査で福田内閣の支持率が、前回調査に比べ、11.7ポイント落ち込んで35・3%となった。不支持率は11・0ポイント上昇して47・6%で初めて不支持が支持を上回った。

国民は57・6%が年金記録問題で政府が全面解決を事実上断念したことを「公約違反に当たる」と考えているのに、福田総理が「公約違反というほど大げさなものか」と発言したことが影響しているようだ。

一連の防衛省をめぐる疑惑も大きな要因であろう。そのためか、新テロ対策特別措置法案については「反対」が46・7%で、「賛成」の38・8%を上回る結果となっている。望ましい政権についても、今回は「民主党中心」が44・7%で「自民党中心」の28・5%を引き離している。

やはり何一つ決断できない、福田首相への「苛立ち」の表れだろう。首相は民主党との話し合いが大事と逃げ腰だが、強烈なリーダーシップを発揮しないかぎり局面打開はできない。
あまりにも「他力本願」的政権運営に国民はアキアキしているのである。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/16 23:09 ] 政治 | TB(0) | CM(0)

忍び寄る「不況」 

原油高、サブプライムローン問題、円高と日本経済の先行き懸念材料は山積している。日銀が発表した十二月の企業短期経済観測調査(短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が、大企業製造業でプラス一九と、前回九月調査に比べ四ポイント低下し、三・四半期ぶりの悪化となった。

アメリカに端を発したサブプライムローン問題で世界的に金融市場が混乱し続けているため、日本企業の警戒感の悪化を助長しているのである。経済界にでは、サブプライム問題が米国をはじめとする世界経済を想定以上に失速させるのではないかという不安感が根強い。

大企業製造業を業種別にみると、建築基準法改正後の混乱で着工件数が急減したことから窯業・土石が大幅悪化。原油高による原材料価格の上昇で化学なども悪化した。円高・ドル安進行を映し一般機械なども悪化した。一方、輸出が比較的好調で新車投入効果も出ている自動車は改善した。

アメリカがくしゃみをすれば日本が風邪を引いてしまうような経済関係が60年間余続いてきた。日本がアメリカの恩恵を受ける時代はとうに終わっている。それに日本は完全に制度は疲弊し崩壊寸前である。サブプライムローン問題を巡る混乱で米国経済の減速懸念が強まったことや、原油など原材料価格の高騰が企業収益を圧迫懸念が広がったことは、日本を立て直すための絶好のチャンス到来と肝に銘ずべきだ。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/15 22:18 ] 経済 | TB(0) | CM(0)

日本もアメリカ並み「銃社会」? 

ルネッサンス「佐世保」佐世保で「銃」の乱射事件が起きた。場所は「ルネッサンス・佐世保」というスポーツクラブだ。週末の夕刻、水泳教室、テニス教室などが開かれていた。そこに一人の男が侵入、「散弾銃」を乱射したというのである。

不幸にも、女性のアルバイト従業員の水泳のインストラクターと男性顧客が命を落とした。福岡と佐賀では一般人を巻き込んだ暴力団の抗争事件が起きていた。今回の件は内容ははっきりしないがそれとは違うようだ。

いずれにせよ、この社会に「銃」が蔓延しているのである。アメリカではないここは日本なのだ。摘発される「銃器」が実体の10%程度と聞けば、背筋が寒くなる。産経新聞の「溶けゆく日本人」のなかに【国内のインターネット利用者が初めて1000万人を突破した平成9年。博報堂生活総合研究所は「直訴する社会-待てない人々・触れたい人々」というリポートで、利便性の向上を指摘する一方、すぐ結論に飛びたがる▽我慢強さの低下-といったマイナス面を挙げ「待てない人々」の増加を予見した。】という記述があった。

待てない人々が簡単に手に入る「銃器」が身近にある。恐ろしいことだ!この事件はわれわれ日本人がアメリカ社会と同様「銃社会」に生きていることを再認識させた。この国が滅びる要素は各方面にわたって現出してきている。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/14 22:23 ] その他の地方 | TB(0) | CM(0)

受け入れ拒否 大阪高裁和解案(薬害C型肝炎集団訴訟) 

今までの薬害と違って、被害者の数が無限に拡大する可能性のある「薬害C型肝炎」。国は補償費用の膨大さでなかなか「謝罪」できないでいる。ハッキリしない福田総理の態度を見てみれば一目瞭然である。

本件は明確に人為的ミスによる「薬害事件」である。当時の厚生省、製薬会社で本件に携わった者はこんなことでよいのか。「良心」はあるのか。これも「官僚社会主義」が肥大化したための現象だ。

費用の面はあるだろうが、福田総理は早急に「政治決着」を図るべきである。薬害に犯された人々には時間的余裕はそんなにない。昔であれば厚生労働省や製薬会社が「焼き討ち」にあってもおかしくない事態だ。
◆和解骨子案の主な内容◆(原告・弁護団の説明による)

(1)フィブリノゲンの投与について被告の責任を認める範囲を、東京地裁判決(国は87年4月~88年6月、製薬会社は85年8月~88年6月)を基準とする。

(2)被告の責任を認めた期間の被害者には、既提訴、未提訴者を問わず和解金を支払う。

(3)被告側は原告側に謝罪ないし、おわびを行う。

毎日新聞
裁判所が法や判例を無視して結論を出せない以上、超法規的措置がのぞまれる。いわゆる「政治的決断」だ。舛添大臣は「多くの感染者・患者の方々が長年にわたり、心身ともにご苦労されてきた裁判で、一日も早く解決できるよう、努力したい」とコメントしているようだが、年金問題と同様もう少し積極的なリーダーシップを発揮してほしいものだ。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/13 22:48 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

官僚社会主義をどうにかしなければ・・・ 

「消えた年金問題」。自民党は前安倍政権の時から、来年の3月末までに解決できるとしてきた。ところがここにきて雲行きは怪しくなった。国民に約束した来年3月末までの全面解決はとても無理だということだ。しかし、総選挙を控えた今いま、これが「公約違反」との謗りを受ければそうでなくとも厳しいい選挙戦となることが必死の自民党にとっては「致命傷」になりかねない。だから、必死になって「公約」ではなかったのだと火消しに躍起なのだ。

官僚の作った「答弁書」を何の考えもなく国民に向かって発言し続けてきた自民党の責任は大きい。いわば自業自得なのだ。谷澤忠彦弁護士が指摘するように、年金保険料を着服するような犯罪者集団・社会保険庁の役人の説明を鵜呑みにして、「抜本的改革」などと公言して憚らない、自民党議員の無能さはあきれる段階を超えている。

原因は肥大化して官僚社会主義にある。最近現出する不祥事はすべての中央官庁に及ぶ。責任を追及されないからやりたい放題である。世論調査によれば、中央省庁の官僚を信頼していないと答えた人は、「どちらかといえば」を合わせて七四%にも上ったという。それもそのはず、官僚たちはいまや国の財政を私物化し、あらゆる改革を骨抜きにしようと躍起になっているからだ。官を仕切るはずの大臣には実質的な権限がなく、また厳しい結果責任を問われることのない官僚たちは組織権限の拡大に専心するばかり。

宮崎の知事ではないが「官僚をなんとかせにゃいかん!」 かの国のように「人民裁判」を開いて公衆の面前で断罪すべきかもしれない。
【年金記録 発言要旨】

■舛添厚生労働相
5000万件の記録を全部チェックすることは来年3月末までにやる。ただ、選挙戦で意気込みとして言ったことが、3月が終われば、すべて年金問題がバラ色の解決ができているという誤解があった。正直ここまでひどいとは想定していなかった。(仮に)「来年4月1日に消費税を7%に上げる」と言ったとすれば、数字も期日もきちんとした公約だが、「3月末までに全部片付ける」と言った覚えはない。「できもしないことを言った」と言われるが、「できないかもしれないが、やってみます」とは言えない。記録統合の作業はエンドレスで、できないこともある。私のやり方がまずくてできないならば責任を感じるが、他の方がやっても結果は同じだ。

■町村官房長官
選挙中だから簡素化して言った。今年7月5日に政府・与党がまとめ国民に約束したのは、コンピューター上で5000万件の名寄せを行い、記録が結びつくと思われる人へ知らせることだ。結びつかない人もいるが、引き続き記録の突合せをやっていく。来年4月以降も精力的にやる。「最後の一人、最後の一円まで全部3月末までにやる」と言ったわけではない。選挙ですから「年度内にすべて」と縮めて言った。

官僚社会主義
日本を食い物にする自己増殖システム
北沢栄|朝日新聞社|2002年 11月発売
全集・双書|ISBN/JAN:9784022598165
本体価格:1,300円(税込:1,365円)

李下に冠を正さず! Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/12 15:49 ] 政治 | TB(0) | CM(0)

善く戦う者は怒らず 

間近に予想される総選挙に向けて自民党の公認調整が本格化している。前小泉首相の郵政選挙で「思いもよらぬ」当選を果たした議員はきがきではないだろう。いわゆる「小泉チルドレン」に逆風が吹いているのだ。

そんな中、かの自民党の杉村太蔵議員は11日、公認を得られなくても北海道1区から出馬すると宣言した。「公認するかしないかっていうのは、党の判断ですよ。ただね、選挙に出馬するか、しないかっていうのは、わたしの判断ですよ。わたしは、次期総選挙は、誰が何と言おうと、必ず北海道1区から出馬します。公認したくなかったら...、しなきゃいいじゃないですかと声を荒らげというからまだ若い。

前回の「郵政選挙」は小泉前首相の差配よろしきを得て大勝した。その直後は「憲法改正」も夢ではないと大変な勢いだった。やはり、「奢る平家は久しからず!」参院選では民主党に惨敗してしまった。そして、後を受けた安倍晋三前首相は「わけのわからぬうちに」消えてしまった。

最近の世論調査などを見ても自民党が前回並みの当選者数を確保するのは容易ではない。
杉村氏も成長するよいチャンスなのだから、周囲をよく見てジックリ構えるべきだ。昔から言うではないか、「善く戦う者は怒らず」と。古賀なんかにむきにならないほうが得策だ! Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/11 22:22 ] 政治 | TB(0) | CM(0)

次の総選挙の落選候補! 

TVタックル」を見ていて腹が立ってしょうがなかった。やはり自民党にはコンナ奴がいるんだ!その名は松浪 健太。選挙区は大阪10区(高槻市,三島郡)だ。早大商学部→産経新聞記者→叔父は衆議院議員・松浪健四郎。立派な格闘技バカの家系である。

話題が「薬害C型肝炎」になると我が意を得たりとばかりシャベリはじめた。それもそのはず「厚生労働大臣政務官」らしい。その見識たるやあきれたものだ。番組のはじめに「ボクシングバカ」だと自己紹介していたが、果たしてその期待を裏切らなかった。

まったく「役人」の弁護に終始し、被害者の立場は微塵も感じられなかった。自民党の新広報局長になった野田聖子氏はなんでコンナ奴のTV出演を承認したのか?

やはり自民党の箍は弛みっぱなしだ。薬害C型肝炎訴訟で、被害者全員の一律救済を実現しようと原告・弁護団は、朝から福田康夫首相に政治決断を迫るため官邸を訪れた。しかし、面会することはなかった。冷たい仕打ちだ!

何かあれば、われわれもこんな仕打ちを受ける事になるのだ。「国民の生命と財産を守る」ために政治があるのではないのか。「役人の地位と所得を守るため」の自民党政治はもうごめんだ。民主党がすべてよいとは言えないが、戦後一貫して権力の座にある自民党は下野すべきだ。そんな意味からも次回総選挙では松浪を当選させてはならない。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/10 23:11 ] 政治 | TB(0) | CM(0)

おちゃらけでは困るぜ! 

現在、日本野球連盟(JABA)に加盟するチームは363(企業:85、クラブ:278)である。うち、九州地区は31チーム、企業:11、クラブ:20である。宮崎で新チームの話が持ち上がった。

内訳は、《福岡県野球連盟》 9チーム、参加チームは企業が九州三菱自動車 JR九州  日産自動車九州 沖データコンピュータ教育学院  日本ウェルネススポーツ専門学校北九州の5。クラブが福岡ベースボールクラブ  福岡オーシャンズ9  北九州市民硬式野球クラブ 嘉麻市バーニングヒーローズの4チーム。

《佐賀県野球連盟》 クラブチームの佐賀魂1チーム。

《大分県野球連盟》 3チーム、企業が九州総合スポーツカレッジで、クラブの2チームは新日鐵大分硬式野球同好会 大分ソーリンズ野球倶楽部である。

《長崎県野球連盟》 1チームで企業の三菱重工長崎である。

《熊本県野球連盟》 4チーム、企業がHonda熊本 熊本ゴールデンラークス IEC九州国際カレッジ専門学校の3、クラブで熊本レッドスター硬式野球クラブが1チームだ。

《宮崎県野球連盟》 クラブチームの 宮崎ゴールデンゴールズ 宮崎梅田学園自動車学校の2チームである。

《鹿児島県野球連盟》 ここもクラブチームの鹿児島ホワイトウェーブ薩摩の2チームだ。

そして、《沖縄県硬式野球連盟》 企業チームは沖縄電力一チームだが、クラブがてるクニック 儀間組 沖縄スポルト サムライ那覇 SOLA沖縄 安仁屋ベースボールTRY  U・スターズ 金武イーグルスの8チームある。

あの宮崎県知事の東国原氏が新球団の発足を発表した。硬式野球球団「チームそのまんま宮崎」である。15日県民メンバーの選考会を開き、来年2月9日午後1時、日向市のお倉ケ浜総合公園野球場で、萩本欽一さん率いる「茨城ゴールデンゴールズ(GG)」と初戦を行うとのことだ。

ただ、背番号を県産品にするとか、ユニークなアイデアもよいとは思うが、「チーム結成の目的」等は明確にして、「野球」を冒涜するようなことだけはしてほしくない!! Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/09 19:00 ] その他の地方 | TB(0) | CM(0)

この際、防衛利権にメスを入れるべきだ 

「偽メール騒動」に続き、今回も民主党の"勇み足なのか?"守屋証言を受けて、昨年12月4日、高級料亭・濱田屋の宴席に自民党の額賀が出席していて、その座席表もあると主張しているのだ。

一方、額賀側も同時刻には別の会合に出ていたという「アリバイ」を主張し真っ向から反論している。しかし、出席していたとする「勉強会」も胡散臭いもののようだ。

民主党側の説明ももう一つはっきりしない。「偽メール事件」によく似ているのだ。今までタブーとされてきた「防衛利権」にこの際メスを入れることは必要だ。大多数の国民はそう思っている。

防衛利権にメスを入れれば、自民党はもちろん民主党側にも犠牲者が出るかもしれない。「国益」を声高に叫ぶ「先生方」・・・ご自分は大丈夫ですか? 一日も速い全容解明が待たれる。

■社団法人日米平和・文化交流協会

■理事名
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/08 23:47 ] 政治 | TB(0) | CM(0)

見事に紅葉して 

今年の夏はとにかく暑かった。その影響か都内もやっと木々の葉の色が変わりはじめている。芝増上寺のそばを通りかかったので、三門から入ってみた。仕事の関係からかここで最初に目を留めるのは、「聖観世音菩薩」。

「ホテルニュージャパン罹災者のみたま とこしえに安からんことをお祈りして」と台座表面にある。裏面には「昭和62年2月8日  株式会社ホテルニュージャパン 取締役社長 横井英樹 建之」と。

某資料によれば、【昭和57年2月8日、午前3時30分頃、会社乗っ取りの異名で有名な、横井英樹社長経営のホテル・ニュージャパン(東京都千代田区永田町)の9階から出火。異常乾燥注意報発令中の都心を真っ赤に染めた。この日の宿泊客は442人。うち9階と10階に宿泊していたのは103人で、この多くは台湾や韓国からの「札幌雪祭りツアー(61人)」の宿泊者だった。灼熱と煙に巻き込まれ部屋や廊下で死亡した者や猛煙に耐え切れなかった宿泊客が9階、10階から飛び降りるなど33人が死亡、24人が重軽傷を負った。】と記述されている。

明日は「月命日」。毎年今の時期はこの見事な紅葉が罹災者の魂を慰めてくれているのである。

Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/07 23:05 ] その他の地方 | TB(0) | CM(0)

東急池上線に新車両 

本日出勤時、東急池上線の「新車両」の試運転に出くわした。そういえば、東急「東横線」「池上線」「大井町線」が80周年だという。そのためではあるまいが新車両が走るみたいだ。

今までのジュラルミンに赤線のシンプルなデザインと違い、緑を基調にした落ち着いた色調だ。都会を走る電車というイメージが前面に打ち出されているのか?

ここ9年毎日池上線を利用しているが、上京するまで「池上線」は西島三重子の歌の世界だった。
古い電車のドアのそば
  二人は黙って立っていた
  話す言葉をさがしながら
  すきま風に震えて
  いくつ駅を過ぎたのか
  忘れてあなたに 聞いたのに
  じっと私を見つめながら
  ごめんねなんて言ったわ

  泣いては ダメだと 胸にきかせて
  白いハンカチを 握りしめたの

  池上線が走る町に
  あなたは 二度と来ないのね
  池上線に揺られながら
  今日も 帰る私なの

  終電時刻を確かめて
  あなたは私と 駅を出た
  角のフルーツショップだけが
  灯りともす夜更けに
  商店街を通り抜け
  踏切渡った時だわね
  待っていますと
  つぶやいたら 突然抱いてくれたわ

  あとから あとから 涙あふれて
  後ろ姿さえ 見えなかったの

  池上線が走る町に
  あなたは 二度と来ないのね
  池上線に揺られながら
  今日も 帰る私なの

歌のイメージは今でも生きている!!


Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/06 21:35 ] 生活・文化 | TB(0) | CM(0)

’07国際画像機器展 

パシフィコ横浜展示ホールでの「’07国際画像機器展」を見学に。友人が勤務する日興電気通信㈱が参加しているためである。

初日とあって会場は大変な賑わい。友人達も製品の説明に一生懸命だった。

5時当日の展示会終了後、桜木町の居酒屋で懇親会。しばし、諸々の話題で楽しい時間を過ごした。

展示会は5~7日の三日間開催されようである。

Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/05 23:34 ] 生活・文化 | TB(0) | CM(0)

感謝!! 

今日はあまりいいこともなく、なんとなくメールチェック。

その中に、思いもよらない「うれしい便り」がありました。小生のHPを見たという中学時代の同級生からのものでした。

最近は「世の中」に遅れまいと、ブログの投稿は毎日やっていますが、HPの更新となると手抜き状態です。

しかし、ネットの素晴らしさか? ときどきこのようなことが起こります。人間、存在していることを誰かが見ていてくれること・・・本当にうれしいものです。

暮れから正月かけてはHPの見直しをしてみようかと思います。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/04 23:44 ] その他の地方 | TB(0) | CM(0)

星野ジャパン、北京五輪出場決定 

台湾戦も苦しい試合だった。1回表、新井の左前適時打で先制したものの、国際試合のプレッシャーか先発ダルビッシュの調子がなかなか上がらなかった。

膠着状態の中、6回裏台湾・陳金鋒の2ランで逆転されてしまった。マサか、だった。しかし日本は焦らなかった。七回表、無死満塁にサブローのスクイズで同点。なお1死二、三塁から西岡の右前適時打で勝ち越し、この回打者12人の攻撃で6点を奪った。

九回表、も新井の2ランなどで加点、ダルビッシュ、藤川とつないで昨日同様上原が打者三人で打ち取った。世界に誇れる投手力が実証された。来年8月の北京オリンピックが楽しみだ。「金メダル」が現実のものになりつつある。

日本代表 100 000 603 = 10
台湾代表 000 002 000 =  2  

◆日本・星野仙一監督の話
「ようやく(北京に)行けますね。選手のおかげです。本当に頼もしい。(攻撃は)一発に頼らず、つなぎつなぎでいけた。いい選手を選んだと思う。金メダルを目指して、一つになって頑張ります」

◆長嶋茂雄アテネ五輪日本代表監督の話
「ほっとしたというのが正直な感想です。日本代表はすきのないトータルベースボールの持ち味を発揮した。監督、コーチ以下選手諸君のピリピリした集中力が伝わってきた。僕も肩が凝りました。しかし、こういう疲労感は最高だ。とにかく良かった。来年の北京ではおめでとう、と言える成果を挙げてください」 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/03 22:49 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

星野ジャパン 北京へ王手 

大変な試合となった。日本選手の執念が宿敵「韓国」に競り勝った。これで、北京オリンピックの一枚の切符に王手をかけた。

 021 000 010 = 4
 100 100 010 = 3

一回の裏、先発成瀬が、韓国の2番、高永民(コ・ヨンミン)に中越え本塁打を浴び、先制点を許し重苦しい立ち上がりとなった。しかし、日本は2回表、新井が二塁打を放ち、サブローの左前適時打で生還。さらに、森野の二ゴロが敵失を誘い二塁走者の稲葉もかえって逆転し主導権を握った。

続く3回表には、中前安打で出塁した川崎が犠打で二進。阿部が韓国の二番手投手から左前適時打を放ち、リードを広げた。

しかし、4回裏、韓国は中前安打で出塁した高永民(コ・ヨンミン)が、李宅根(イ・テッグン)の左中間二塁打で生還し1点差に迫った。成瀬はマウンドを降り、川上に交代後続を断った。6回裏に岩瀬が登板した。

8回表、阿部が右中間二塁打で出塁。代走の荒木が稲葉の右前適時打で生還、1点を加えた。韓国もその裏、金東柱(キム・ドンジュ)が中前安打を放ち、死球に犠飛などを絡めて1点を返した。

しかし、主導権を握り続けた日本が9回裏、4番手の国際試合に強い上原が三者凡退で締めくくり宿敵韓国を下した。

野球は「投手」を証明した試合だった。成瀬、川上、岩瀬、上原のリレーは一分の隙もなかった。試合後星野監督は延長戦を計算して藤川を温存していたようだ。まさに指揮官として天晴れである。明日、台湾に勝利し、事前のシナリオ通り3勝で北京を決めてもらいたい。明日はダルビッシュの怪腕に期待だ。

◆日本・星野仙一監督
「もう嫌だね、こんな試合は。選手を褒めてやりたい。必ず勝てると信じていた。(八回は)岩瀬を信じていた。上原は大した男。打線は何と言っても稲葉の1点が大きかった。明日はダルビッシュにかける」
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/02 23:49 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

はや、師走! 

今日から12月。年をとってくると、月日の流れは速く感じられる。今年もあと・・・というぐあいだ。12月は特に「師走」といい、その流れは特に速く感じられるものである。

12月1日は近代製鉄が始まって150周年だそうだ。日本で初めて洋式高炉による製鉄が行われた岩手県釜石市で記念式典が開かれた。砂鉄を使う「たたら製法」から、鉄鉱石を原料にする近代製鉄への転換は、1857年(安政4年)12月1日(新暦では1858年1月15日)とされる。

伊藤博文は「鉄道、船、あらゆる鉄の製品を自前で作ることが必要である」と述べ、近代国家であったイギリス・ドイツ・アメリカなどが鉄を制した国との認識があり、日本もそうならなければならいとの国家感をもったのである。近代化した日本は幾多の困難を経験し150年が過ぎた。最近起こる社会現象は、「国家の崩壊」に繋がりかけない深刻なものだ。

特に、「日本人の精神」が解け始めたことがその感を一層強くする。新日鉄の三村明夫社長が「どんな産業、企業、商品も安泰はあり得ない。大変な状態になっても、努力すれば復活できる」と述べたということだが、「努力する日本人」を教育再生で増やさなければ、国家再建は覚束ないと思われる。

➠ 鉄づくりの歴史 (岩手県・釜石市) Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/01 22:00 ] その他の地方 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。