◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自民党は政権から離れるべき! 

今日は昭和の日である。昭和の元号は、中国の五経の一つ書経にある「百姓昭明、協和万邦」に由来する。国民の共存繁栄を願って制定されたという。しかし、願った道を自ら踏み外し、焦土の中から復興に尽力した「後期高齢者」たちに対して「年金問題」と絡んでひどい仕打ちが行われている。また、3月末日に失効した揮発油税などの暫定税率を復活させる税制改正法案を、政府が再議決して成立させることを目論んでいる。国民はガソリン価格が下がったことで、やっと家計の帳尻を合せているというのに。

背景にあるものは明治以来の「官僚制度」である。堺屋太一氏の「日本を創った12人」によれば、『どうして官僚制度が崩れないのか。<略>まず、官僚自身に「われわれが主導しなければ日本は立ち行かない」という強い責任感とエリート意識がある。<略>「民間に任せていたらろくなことはない」という愚民視思想が今もつきまとっている。<略>国民の側にも、何か事件があると、すぐ「役所はどうしていたのか」「役所がもっとよく監督しなければ」と、役所万能、役所頼りなのだ』と。

27日に投開票された、衆院山口2区補選の結果は現在の政権に対し「ノー」を突きつけた。一部自民党の「老人ボケの連中」によれば、山口の結果が国民の総意ではないなどと寝とぼけたことを言っているが。要するに暴走する官僚集団をコントロールできない自民党政権へのイラダチである。堺屋氏によれば「官僚たちは選挙で選ばれた民の代表よりも偉い。国会議事堂は、中央最高段に議長席があり、その前に演説席、その左右に大臣が並び、その後ろに政府委員といわれる官僚の席がある。国民から選ばれた議員のほうが低い場所にいて、政府委員を見上げる格好になっている」と。

もはや官僚たちをコントロールできない政権は必要のないことを山口の補選は明示した。国民主権、消費者主権を実現できない政権は必要ないということだ。「年金問題」「後期高齢者医療問題」「暫定成立問題」等、すべて官僚たちの書いたシナリオのまま、何の疑問も持たない「ボケ爺さん」達に将来を委ねるわけにはいかない。自民党議員たちの顔々は、テレビドラマ「水戸黄門」に出てくる悪代官そのものである。まずは、国会議員と公務員の半減から始めなければならない。山口2区補選の結果は国民の総意である。もはや、自民党は政権を担当する資格を有していない。
スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2008/04/29 23:08 ] 政治 | TB(0) | CM(0)

大弁護団の責任はないのか? 

ゴルフトーナメントで、まさに相手がパットに入ろうとする瞬間、ギャラリーに向かって大声で「静かに!」と親切ぼかしなことをするプロゴルファーが昔いたと聞く。確かそのプロゴルファーの名は安田某というはずだ。今回の主任弁護人も同じような名前の奴である。

1999年4月に起こった山口県光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審の判決で、広島高裁は被告・福田孝行に「死刑」を言い渡した。記者会見で被害者の夫であり父である本村洋さんは「誰の指示かはしらないが、供述を変えるような作戦などとらずに、自分の犯した罪と真摯に向き合い、心から反省、謝罪をしていれば、情状酌量で死刑を回避できたかもしれないのに」とコメントしている。

問題は荒唐無稽な愚策を弄して本裁判に臨んだ21人の弁護団だ。せっかく悔い改めようとしていた福田孝行被告に妙な気を起こさせてしまった。「自分の犯した罪の深刻さと向き合うことを放棄し、死刑回避に懸命になっているだけで、遺族への謝罪は表面的。反省謝罪の態度とは程遠く、反社会性は増進した。極めて短絡的、自己中心的で、結果は極めて重大であり、18才になって間もない少年であると考慮しても極刑はやむを得ない」と楢崎康英裁判長に言わしめた。

彼らが唱える「死刑廃止論」は理想でも、常識でもなく、単なる「イデオロギー」闘争の手段に過ぎない。その「全学連ごっこ」のために福田孝行被告は利用されてしまったのだ。本人にとっては死刑を回避できるかもという期待があったことは当然だ。その弱みを利用したことは許すわけには行かない。この弁護団の責任は重大である。

21人の愚かな弁護士たち
安田好弘、足立修一、今枝仁(途中涙を流して辞任)、松井武、本田兆司、鈴木泉、関原勇
八尋光秀、高村是懿、本多俊之、大野貴雄、浅井嗣夫、青木孝、井上明彦、村上満弘、新川登茂宣
山崎吉男、北潟谷仁、大河内秀明、小林修、河井匡秀、山田延広、新谷桂

Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2008/04/22 23:35 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

こんなことでいいのか! 

本日の新聞の一面の「政府広報」
長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が始まりました
●保険証が変わります。新しい保険証を大事にしてください。
●窓口でのご負担は、これまで通り原則一割負担。治療内容も変わりません。ご自身の担当医を持つことも可能です。
●保険料は原則として皆様の年金からお支払いいただきます。お支払いの手間と徴収費用を抑える仕組みですので、ご理解をお願い致します。
白々しい言葉に腹が立つ。「弱いもの」いじめである。75歳以上の現在の日本を築いてきた人たちへの尊敬の念が微塵も感じられない。団塊の世代の為の制度の採用だという。それであれば、今回の対応での収入額、そして団塊の世代が当該年齢に達したときの医療費の予想程度は示すべきだ。

源泉徴収にしても、「有無」も言わさずの取立ては江戸時代でもなかったことだ。こうなれば、政治が信用できないのであるから、庶民は「一揆」など実力に訴えるしかない。「愚かな国民」はもうそこまで考えているのである。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2008/04/15 22:06 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

オーバーラップ 

国会の爆弾男 米寿に感無量 祝う会に国会の重鎮ら

「国会の爆弾男」と呼ばれた元衆院議員の楢崎弥之助氏(88)の「米寿を祝う会」が12日、福岡市で開かれた。30年以上にわたり国会で活躍し、戦後最大の疑獄事件といわれたリクルート事件やロッキード事件の追及で名をはせた楢崎氏だけに、江田五月参院議長や土井たか子元衆院議長ら、旧社会党や旧社民連時代の仲間らが駆け付けた。

祝う会では、楢崎氏が江田氏や民主党の菅直人代表代行、横路孝弘衆院副議長を従えて入場。約600人の出席者が大きな拍手で迎えた。

江田議長は祝辞で「議長なので政局のことはあまり話せないが、もうちょっと待ってほしい。先生が『自分はこれを見るためにひとすじの道を来た』という日が必ずくる」と強調。菅氏も「先生は1人で政局をつくり出す力を持っていた。その知恵をお貸しいただき、何としても政権交代を実現したい」と述べた。

あいさつに立った楢崎氏は、政党幹部や国会の重鎮となったかつての仲間に目をやり「きょうは、私の子分を呼んだ。何度も応援に行ってやったなあ」と話したが、「爆弾男」らしい政界批判はなし。最後に「はるばるとたどりつきたる米寿かな よくぞここまで感無量」と詠んだ。

楢崎氏は1960年に衆院選旧福岡1区から初当選。1996年に政界を引退した。

=2008/04/13付 西日本新聞朝刊=
楢崎氏は小生の亡父と中学修猷館の同級生である。大学受験で上京した際、東京駅で偶然お会いしたことを思い出す。親父も生きていれば、今年米寿を迎えていたということだ。

5月19日は親父の28回忌だ。あさって4月15日はお袋の29回忌。立て続けに両親を失ってもうそんなに時間が過ぎたかと思うと・・・・。

これからの人生、両親に恥じない生き方をしなければ! Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2008/04/13 15:42 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

長浜ラーメン 万た郎 

今年の桜の満開は東京よりも福岡が後。仕事で東京を出るときに2~3日後が満開だと聞いていたが、それから約2週間経過した今が、福岡で桜が満開なのである。

仕事の関係で「中央区福浜」に毎日通っている。地下鉄にするときが多いが、時間に余裕があるときは「バス」通勤である。西鉄バス、「伊崎」バス停に、「長浜ラーメン 万た郎」の看板、早速昼食に出向いてみた。

先日は「三軒茶屋」で九州ラーメンを食べたが、久しぶりの福岡での長浜ラーメンである。入ってみるとメニューはシンプル、価格はリーゾナブル、言うことなしだ。果たして、「味」はと期待に胸を膨らましてスープを。

期待に違わぬ「味」。麺が若干太めだが、スープとよくあっている。久しぶりの満足感を味わう!

下記のブログによれば、「餃子」が絶品だとか。「モツ鍋」もあるようなので次は夜、「酒」中心で訪れてみたい。

店名 長浜ラーメン万太郎
住所 福岡県福岡市中央区伊崎4-11
電話 092-731-6461

笹丘おやじの奮投記!に紹介あり Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2008/04/08 23:27 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

蒼ちゃん、三歳誕生日!! 

孫の蒼太君が三歳の誕生日を迎えました。残念ながら誕生会には参加できませんでしたが、元気な写真が届きました。

お祝いはプラレール。「N700系」と「ドームステーション」。

先月、渡したときには大変喜んでくれましたが、今でも楽しく遊んでいてくれているでしょう!

蒼太君の成長を楽しみにしています! Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2008/04/05 22:47 ] 家族 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。