◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・
月別アーカイブ  [ 2009年06月 ] 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

脇山勳を偲ぶ会 

さる4月7日に他界した、脇山勳君を偲ぶ会を西中洲:上海餐室で6月27日PM17:30より開催した。

船津幹事の計らいで初盆前に縁の者が集まれたことは何ともうれしい限りであった。

思えば、彼との出会いは高校生時代に遡る。彼が、唐津東高校の三塁手としての出会いであった。それから大学、社会人(銀行時代)と約半世紀の付き合いとなった。

昨年の12月には二度も酒宴を共にする機会があった。一度は今回も参加してくれた宮崎君が帰国したのを機会に西南大学野球部の仲間で集まったときである。「40年ぶりの再会だった!」と題し当ブログにアップしている。

今一度はやはり脇山氏が発起人となって、福岡相互銀行(現西日本シテイ銀行)に昭和45年入行の同期会を開いたときである。両方とも場所は今回と同じ「上海餐室」であった。

脇山君の長男・健太君を招待し、上海餐室のオーナーである竹島君にも参加していただき総勢14名の酒宴となった。

参加者を敬称略にて紹介させてもらうと、前列左より藤本、野口、古賀、矢野、脇山健太、北島、宮崎、竹島、古川、後列左より船津、榊、田中、伊藤、浦田である。

参加者より脇山勲との付き合いを聞いてみると、彼の人となりがより理解でき楽しい時間となった。全員が異口同音に語っていたことは、「真面目で、誠実な」人柄である。

前述した直近の2回の会で、「命あるうちに又会おうなんて」別れたが、もう会うことができないなんて本当に悔しいヨ。
スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2009/06/30 18:02 ] スポーツ | TB(0) | CM(542)
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。