◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

二冊の本 

夏の高校野球甲子園大会の代表校も大阪を残すのみである。7月も今日で終わり、明日からは8月である。大阪大会は本日が準決勝戦、4強は金光大阪、大体大浪商、履正社、近大付である。


毎年この時期になると、出来る出来ないは別として、盆期間中の過ごし方をシュミレーションしてみる。高校野球のテレビ観戦と読書となるのが事前の成り行きである。

昨日、天神地下街の書店に立ち寄ってみた。たまたま、2冊の本が並んであった。「甲子園が割れた日(松井秀喜5連続敬遠の真実)」中村計著と「そうか、もう君はいないのか」城山三郎著がそれである。

1992年夏の大会、高知県代表の明徳義塾高校と石川県代表星稜高校の試合で、星稜の4番打者、松井秀喜(巨人→NYヤンキース→現エンジェルス)が全5打席連続で敬遠された事は今も脳裏に焼きついている人が多いであろう。その時の真実を知りたいと思っている人が多いことも確かである。

私もこの試合をテレビで観戦したが、ひどくいやな気分になったこと覚えている。ひょっとすると日本人であれば一般に持っているであろう、「高校野球」というものに抱く幻想がそうさせたのではなかったか? むしろ、明徳義塾の馬淵監督が指示した作戦、すなわち5連続敬遠が勝負に執念を燃やすなら当然ではなかったのか? この本で自分なりの結論を求めたいと思う。

私は最近、五木寛之氏の林住期を読んで考え方が変わりつつあると感じている。古代インドでは人生を4つの時期に区切るという。「学生期」(がくしょうき)、「家住期」(かじゅうき)、「林住期」(りんじゅうき)、「遊行期」(ゆぎょうき)である。林住期に生きる人間は、まず独りになることが必要だという。人生に必要なものは、じつは驚くほど少なく、1人の友と、1冊の本と、1つの思い出があれば、それでいい・・・と言った人もいるという。


夫婦の関係も、恋人でも、夫でもない、一個の人間として相手と向き合うことも考えなければならない。ばらばらに暮らしても、二人の結びつきをさらに深めていくことも可能だという。

「そうか、もう君はいないのか」は長い間連れ添った奥さんに先に逝かれた城山氏の心が語られている。夫人を失くした寂寥感、喪失感、孤独感とともに夫人に対する万感の思いが伝わってくる。

この年になると、伴侶を失うという恐怖が寄り現実的なものとなってくる。「会うは別れの始め」、別れのときは必ずやって来るのである。厚い本ではないので、同年代の人には何度も何度も読み返して頂きたい。

本来の自己を生かそう。自分をみつめよう。心が求める生き方をしよう。そう考えると、心は晴れやかである。
スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2010/07/31 10:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

わが人生の歌がたり 


5月末で前職を退任し次の仕事までの充電期間を過ごしている。7月15日の早朝に行われた「博多祇園山笠」のフィナーレ「追い山」がすみ、今年も一気に夏が訪れた。ぐずついていた天候は晴上がり、暑さは少々のものではない。

次の仕事は東京で従事することとしているため、その前に大分の女房の実家を訪ねることとした。両親とも高齢であり、かなり衰えが目立つということを聞いていたので心配しながらの訪問となった。急激な気候の変化には年をとるに従ってこたえ方が少々ではないので・・・。

しかし、会ってみると心配は一新した。体力的な衰えは否めないが、精神的な部分では以前と変わりないという印象であった。居間のテーブルに五木寛之の本を発見した。以前と変わりなく、この種の本を親父さんが買ってくるのであろう。手にとって見るとなかなか面白い。

例によってネット用の紹介によると『五木寛之が送る「わが人生の歌がたり」1~3巻セット。泣いて、力がわいてくる! NHK「ラジオ深夜便」のトークと歌の感動をふたたび!貧しいとき苦しいとき、心を支えてくれた歌の数々歌謡曲でたどる、昭和の歴史 (昭和40年代)監修・選曲・語り:五木寛之 』。五木氏は福岡県八女市の生まれで、福岡県立福島高等学校の出身ということもあって、身近に感じる小説家の一人である。書中に取り上げられている歌が自分の青春期に重なるということもこの本に親しみを感じさせている。

『歌は世につれ世は歌につれ』歌は、その時代の、ありさまや傾向の影響を受けた歌が多くなり、 又、その時代の、ありさまや傾向も、歌の影響を受けやすいということである。その歌を思い出すことにより、その時の自分の境遇が思い出されるのである。最近読んで心に残っている氏の林住期にあるように、今は時間を取りもどす季節なのである。林住期に生きる人間は、まず独りになることが必要なのだ。そして過去をゆっくり思い返してみる、そのためにも「わが人生の歌がたり」は役に立ちそうである。


わが人生の歌がたり(昭和の青春)


わが人生の歌がたり 昭和の哀歓

《収録内容》

第1巻
1. ナレーション ・・・ 五木寛之
2. 別れのブルース ・・・ 青江三奈
3. からたちの花 ・・・ 倍賞千恵子
4. 小雨の丘 ・・・ 高峰三枝子
5. 影を慕いて ・・・ 五木ひろし
6. 蘇州夜曲※ ・・・ 山口淑子(李 香蘭)
7. 誰か故郷を想わざる ・・・ 冠 二郎
8. サーカスの歌 ・・・ 舟木一夫
9. ナレーション ・・・ 五木寛之
10. 小さな喫茶店 ・・・ 菅原洋一
11. 青い背広で ・・・ 藤山一郎
12. リンゴの唄※ ・・・ 並木路子&霧島 昇
13. 別れても ・・・ 美空ひばり
14. 港が見える丘 ・・・ 美空ひばり
15. 湯の町エレジー※ ・・・ 近江俊郎
16. 東京の屋根の下※ ・・・ 灰田勝彦
17. 悲しき口笛※ ・・・ 美空ひばり
18. さくら貝の歌※ ・・・ 倍賞千恵子
19. あざみの歌※ ・・・ 伊藤久男
20. 君の名は※ ・・・ 織井茂子
21. 津軽のふるさと※ ・・・ 美空ひばり
22. ナレーション ・・・ 五木寛之
第2巻
1. ナレーション ・・・ 五木寛之
2. 哀愁列車※ ・・・ 三橋美智也
3. 喜びも悲しみも幾年月※ ・・・ 若山 彰
4. 西銀座駅前※ ・・・ フランク永井
5. 南国土佐を後にして※ ・・・ ペギー葉山
6. 東京ナイト・クラブ ・・・ フランク永井と松尾和子
7. 黒い花びら ・・・ 水原 弘
8. 誰よりも君を愛す※ ・・・ 松尾和子、和田 弘とマヒナ・スターズ
9. アカシアの雨がやむとき ・・・ 西田佐知子
10. 硝子のジョニー ・・・ アイ・ジョージ
11. ナレーション ・・・ 五木寛之
12. 君恋し ・・・ フランク永井
13. コーヒー・ルンバ ・・・ 西田佐知子
14. 北帰行 ・・・ 小林 旭
15. 星をさがそう ・・・ 北原謙二
16. 寒い朝 ・・・ 吉永小百合、和田弘とマヒナ・スターズ
17. ウナ・セラ・ディ東京 ・・・ ザ・ピーナッツ
18. 愛と死をみつめて ・・・ 青山和子
19. ああ上野駅 ・・・ 井沢八郎
20. 夜明けのうた ・・・ 岸 洋子
21. ナレーション ・・・ 五木寛之

第3巻
1. ナレーション ・・・ 五木寛之
2. 若者たち ・・・ ザ・ブロードサイド・フォー
3. 銀色の道 ・・・ ザ・ピーナッツ
4. 伊勢佐木町ブルース ・・・ 青江三奈
5. 好きになった人 ・・・ 都 はるみ
6. ブルー・ライト・ヨコハマ ・・・ いしだあゆみ
7. 青年は荒野をめざす ・・・ ザ・フォーク・クルセダーズ
8. 圭子の夢は夜ひらく ・・・ 藤 圭子
9. よこはま・たそがれ ・・・ 五木ひろし
10. ナレーション ・・・ 五木寛之
11. 折鶴 ・・・ 千葉紘子
12. 俺たちの旅 ・・・ 中村雅俊
13. 花水仙 ・・・ 八代亜紀
14. 夕焼け雲 ・・・ 千 昌夫
15. 能登半島 ・・・ 石川さゆり
16. 旅の終りに ・・・ 冠 二郎
17. 青葉城恋唄 ・・・ さとう宗幸
18. 愛の水中歌 ・・・ 松坂慶子
19. ナレーション ・・・ 五木寛之




Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2010/07/25 22:51 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

つかこうへい氏 逝く 


今年始め、「肺がん」であることを公表していた劇作家であり演出家であり小説家でもあるつかこうへい氏が10日なくなりました。

62歳という年齢はまったくの同世代でもあり身近に感じられます。また、出身が福岡県であることも影響しているのかも分りません。

氏を知ったのは、今回新聞知識で言えば、岸田國士戯曲賞を受賞した戯曲「熱海殺人事件」でも、階段落ちが話題となった映画「蒲田行進曲」でもありません。

韓国に興味を抱いたとき書店で偶然に手にした、「娘に語る祖国」という一冊の本でした。目次からその内容を拾ってみると、『親より先に死んではいけません/おまえとママだけは守る/パパは韓国人です/ペンネームの由来/人を差別できる快感/パパは卑しい子どもでした/パパとママの姓が違う理由/おまえを日本国籍にした日/祖国を探す旅/パパはもう逃げません/恥のない人間はクズです/おまえはパパを誇りに思ってくれるか/望郷の念やみがたく/明日はきっといいことがある/パパが韓国語を覚えなかった理由/パパは甘えないで生きてきた/生活文化的にはパパは日本人/傷つく女になりなさい/目の前の人を信じなさい/人間の残酷さと生命力を描くのがパパの役目です/人の心の暖かさは変わりません/みな子よ、祖国とはおまえの美しさのことです』とある。

祖国を探す旅、生活文化的にはパパは日本人・・・在日の人たち等しく抱く感情そのものです。ペンネームは、漢字の読めない母のために、在日韓国人の身分が「いつか公平」な世の中になるようにとの思いを込めて付けたと聞いています。

すでに準備していた、つかこうへい氏が残したコメント全文は

友人、知人の皆様、つかこうへいでございます。

 思えば恥の多い人生でございました。

 先に逝くものは、後に残る人を煩わせてはならないと思っています。

 私には信仰する宗教もありませんし、戒名も墓も作ろうとは思っておりません。

 通夜、葬儀、お別れの会等も一切遠慮させて頂きます。

 しばらくしたら、娘に日本と韓国の間、対馬海峡あたりで散骨してもらおうと思っています。

 今までの過分なる御厚意、本当にありがとうございます。

 2010年 1月1日 つかこうへい
です。

なんとなく切なさが心に残ります。



Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2010/07/14 14:59 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

劇作家・つかこうへいさん死去 

同年代なので他人事とは思えません。ご冥福をお祈りいたします。合掌!

つかこうへい

Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2010/07/12 19:26 ] 生活・文化 | TB(0) | CM(0)

磐越西線 

磐越西線は福島県郡山市の郡山駅から会津若松駅を経由して新潟県新潟市秋葉区の新津駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。会津若松駅 - 新津駅間には、「森と水とロマンの鉄道」という愛称が付けられている。会津地方の栄華と仏教文化、美しい自然を堪能できる、というのが観光のパンフレットに載っている。磐梯山、猪苗代湖、会津若松、渋川問屋、喜多方、野口英世などである。


現在の三代目三遊亭圓歌師匠は、東京都出身で、岩倉鉄道学校(現岩倉高等学校)卒業後、運輸通信省東京鉄道局に入局し、山手線新大久保駅で駅員を務めた経験から、マクラの部分でその時の経験話が織り込まれる。「中沢家の人々」では、磐越西線の北、奥羽本線の難読駅名である及位駅(のぞきえき)が語られる。因みに山陰本線の特牛駅(こっといえき)と並ぶ難読駅名である。


郡山(こおりやま)→喜久田(きくた)→安子ケ島(あこがしま)→磐梯熱海(ばんだいあたみ)→中山宿(なかやまじゅく)→上戸(じょうこ)→猪苗代湖畔(いなわしろこはん)→関都(せきと)→川桁(かわげた)→猪苗代(いなわしろ)→翁島(おきなしま)→磐梯町(ばんだいまち)→東長原(ひがしながはら)→広田(ひろた)→会津若松(あいづわかまつ)→堂島(どうじま)→笈川(おいかわ)→塩川(しおかわ)→姥堂(うばどう)→会津豊川(あいづとよかわ)→喜多方(きたかた)→山都(やまと)→荻野(おぎの)→尾登(おのぼり)→野沢(のざわ)→上野尻(かみのじり)→徳沢(とくさわ)・・・ここまで福島県・ここから新潟県・・・豊実(とよみ)→日出谷(ひでや)→鹿瀬(かのせ)→津川(つがわ)→三川(みかわ)→五十島(いがしま)→東下条(ひがしげじょう)→咲花(さきはな)→馬下(まおろし)→猿和田(さるわだ)→五泉(ごせん)→北五泉(きたごせん)→新関(しんせき)→東新津(ひがしにいつ)→新津(にいつ) こうしてみるとかなり難読駅名が多い。

磐越西線 狩人 歌詞情報 - goo 音楽

少年の頃鉄道路線の駅名を諳んじていることがステータスであった。高速道が整備され、モータリゼーションが進化した結果、鉄道を利用した旅行に疎遠になっている。年をとると、時間的にはゆったりとした旅がしてみたくなるものである。林住期における旅の真髄であろう。林住期は、時間を取りもどす季節だ。林住期は、人生におけるジャンプであり、離陸の季節でもある。林住期に生きる人間は、まず独りになることが必要だ。人脈、地脈を徐々に簡素化していくために。そして人生に必要なものは、じつは驚くほど少ないということを悟るのである。




Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2010/07/11 05:09 ] 生活・文化 | TB(0) | CM(6)

検察側の証人 さだまさし  

さだまさしの歌を聞くと、いつも何かしら気付かされるものがある。メロディーの面、歌詞の面、両面からである。情景描写、心理描写その独自性は群を抜いていると思う。

歌手として彼本来の高音を強調する歌い方が聞く者の心に訴えかける。シンガーソングライターとしては「さだまさし」の個性を活かした歌作りを行っている。シリアスな曲と半コミックソング的な物、そして宗教的なものと多岐にわたる。

高校・大学と落語研究会に所属し、その話術には定評がある。小説家としてもその才能を発揮、処女作である自伝的小説『精霊流し』を刊行し、ベストセラーとなっている。2002年には短編小説集『解夏(げげ)』を刊行しその才能も伸長している。

このような、資質が複合的に作用すことで「さだまさし」が出来上がっているのである。「検察側の証人」はメロディはコミック的な要素を醸し出しながら、歌詞は恋愛という人間の本質的な行為の核心を突いているといえる。

「恋はいつでも必ず 独法師の影踏みゲーム  足元にあるのに追いつけない  追えば追う程きっと 取り残されてゆく  気がつけば いつも夕暮れ」

「恋はいつでも必ず 両刃の剣と同じ  傷つかない方がきっと 嘘をついてる  斬りつけていった方が 斬りつけられた方より  傷つく事だってあるはずよ」

「恋はいつでも必ず あみだくじみたいなものさ  たどる奴以外は道程を知らない  ひとしきり風吹けば 風紋が消える様に  見て見ぬふりの藪の中」


検察側の証人:歌詞


Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2010/07/10 16:19 ] 生活・文化 | TB(0) | CM(136)

修猷館、好機逃がす 

今年もまた夏の高校野球の季節が巡ってきた。昨年、母校・修猷館は20年振りのベスト4進出に沸いたが、今年は昨日残念ながら宗像高校との一回戦で、5-6の接戦に破れ姿を消した。

学生スポーツは、言うまでも無く、選手の学年が毎年進級しその構成が変わるため、一年々々のチームマネジメントが重要となる。毎年、同一戦力で弱点を補強して修正目標とするわけにはいかないのである。新チームは毎年“0”からのスタートなのである。

伝統校(指導者)といわれる学校はそのノウハウを手にしているのであろう。広島商業には毎年引き継がれるノートがあると聞いたことがある。その内容は「成功の記録」と言うよりは「失敗の記録」なのだと。環境は変化するものであるからこそ、過去の失敗例ほど肝に銘じておくことだ。

今年の母校は一回戦敗退、ではあるが今年一年を総括し、再出発(再計画、再目標)しない限り、「いつの日か甲子園」という希望が達成されることは無かろう。
胸を張って夏終える:村山智洸・修猷館主将

試合後、一瞬チームから離れ、涙をこらえて深呼吸した。そして胸を張って仲間の輪に戻った。「結果は悔しい。だけど練習してきたことに悔いはないです」

三塁手として出場した昨年の大会。チームは20年ぶりに県大会4強入りした。「接戦になったら勝てるチャンスがある」。

次々と競り勝ったあの夏の試合のイメージを後輩にも語ってきた。レギュラーにはほかに昨年の大会経験者が4人。先輩が作ってくれた目標(4強)に向かって「自分たちの野球をやろう」。心に誓って試合に望んだ。

5点を追う六回。先頭打者で打席に入り、中前打を放った。これを口火に集中打で4点返し、1点差に。昨年と同じ接戦の展開。だが違ったのは、最後に勝利の女神がほほ笑まなかったことだ。

「(昨年の成績への)プレッシャーに負けるような姿を見せず、よくチームを引っ張ってくれた」。衛藤震治監督はねぎらいの言葉を送った。

西日本新聞:7月8日朝刊=

Twitter「つぶやく」ボタン
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。