◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

爪もみ療法 


6月、突然右目でヒカリを感じその後視力が低下した。しばらくすると回復したため、「疲れか?」と思い気にも留めなかった。しかし、翌朝、これは普通ではないと思う症状が現れた。目を醒ますと、右目が濡れティッシュを掛けられている感覚で、右目上方の一部しか見えないのである。

流石の私も心配となり、眼科を受診した。すると、「網膜はく離」の疑いがあるため、総合病院を紹介され検査をしてもらうこととなった。当然まずは眼科である。しかし、そこで血圧をはじめとした循環器科での検査をするということとなった。

血圧は高いほうであったが、今まで自覚症状もなくその関係は気にもしていなかった。出た結果は、血栓が眼球の静脈に詰まって起こる「網膜中心静脈血栓症」との診断であった。治療はまず血圧を下げること。血をサラサラすることが先決とのことである。いずれにしても治療には長期間を要し、一度わるくなった視力は、多くの場合あまり回復しないという所見である。

それよりも驚いたことは、脳梗塞と心筋梗塞の形跡が見つかったことだ。この年まで頑張ってくれたわが身への思いやりがなかったことを痛切に反省することとなった。
今回薬を取りに行った折、薬局の薬剤師さんから「爪もみ療法」なるものを教えられた。「福田-安保理論」とは、自律神経のバランスがくずれることによって免疫が低下して発病し、自律神経のバランスを整えることで免疫を高めて病気を治すことができるという理論です。交感神経と副交感神経の働きをバランスよく保つことで、免疫力が高まり病気が治癒する理論です。

自分で手軽にできる事なので、毎日続けてみようと思っています。症状が改善されることを祈念しつつ・・・


スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2009/10/22 20:24 ] 生活・文化 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。