◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

御慶(ぎょけい) 


今年の年末ジャンボ宝くじの販売も昨日で終了した。後は晦日の抽選を待つばかりである。枝雀師匠のマクラではないが、「宝くじには買わないとあたらない・・・という法則」があるらしいのである。宝くじ売り場の行列を見れば、不況はどこ吹く風、一攫千金を夢見る人達で、順調な売り上げであったに違いない。

庶民の気持ちは昔も今もそう代わりのないものである。落語・「御慶」。『年の瀬も越しにくい貧乏所帯なのに、八五郎は今度こそ夢見がいいからと、女房の半纏《はんてん》を質入れして湯島天神へ出向き、夢で鶴が梯子の上に止まったというので、鶴とその寿命の千を入れた「鶴の千八百四十五番」の富くじを求めるが、あいにく売れてしまっていた。大道易者に呼び止められ、その夢判断は違う、梯子は登るための道具だから、逆に「鶴の千五百四十八番」にしろと教えられ、神社にとって返し、さいわいに売れ残っていたその札を買う。間もなくはじまった突き富で、八五郎は千両に当たる。』

ところでこの落語の落ちは、新年の挨拶として「御慶」と言いながら歩いていると、「どこへ(行ってたのか)」と聞き違えられるというもの。落語にはこの「御慶」以外にも、「富久」「宿屋の富」、「水屋の富」など、色々あります。「クジ」に対する考え方は、昔も今もあまり変わらないようです。

ともあれ、買わなかったのであるから当たることはないのである。買った人の誰かが当たるのである。宝くじが当たろうが、当たるまいが、新年はめでたいものなのである。そして、その新年まで一週間あまり、新しい仕事に全精力を傾け、来年3月頃迄にはある程度の確信が持てるようにしたいものである。
スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2009/12/23 23:17 ] 生活・文化 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。