◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無欲であれば誰でも予見は出来る 


「播磨灘物語」を読み終えた。作者・司馬遼太郎はあとがきを次のように書き出している。

【『播磨灘物語』を書きおえた。
ふりかえってみると、最初からべつに大それた主題を設定して書いたわけではなく、戦国末期の時代の点景としての黒田官兵衛という人物がかねて好きで、好きなままに書いてきただけに、いま町角で、その人物と別れて家にもどった、と言うような実感である。】

関が原の戦いで、官兵衛の子である長政が功をなし、徳川家康が豊前中津十数万石から筑前五十二万三千石に引き上げた。官兵衛・如水の指示で、黒田家発祥の地である備前福岡の地名を記念して、福岡と名づけたのである。

福岡に生を受けた者としては幼い頃より聞かされてきた話であり、子供の頃より黒田官兵衛のようでありたいと思ってきたことを今更ながら思い出すのである。隠居してからは「身ハ褒貶毀誉ノ間ニ在リト雖モ心ハ水ノ如ク清シ」あるいは、「水ハ方円ノ器ニ随フ」からとったと言われている如水と号した。

自分の人生に黒田官兵衛の足跡を重ねるとき、この上ない親近感を覚える。一つ一つの困難を解決することにこそ喜びがあり、そのことによる、評価や報酬、名誉などと言うものはどうでも良いのである。少なくとも、自分の周りに大勢の人が居てくれさえすれば・・・
スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2010/02/12 23:48 ] 読書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。