◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

官僚社会主義をどうにかしなければ・・・ 

「消えた年金問題」。自民党は前安倍政権の時から、来年の3月末までに解決できるとしてきた。ところがここにきて雲行きは怪しくなった。国民に約束した来年3月末までの全面解決はとても無理だということだ。しかし、総選挙を控えた今いま、これが「公約違反」との謗りを受ければそうでなくとも厳しいい選挙戦となることが必死の自民党にとっては「致命傷」になりかねない。だから、必死になって「公約」ではなかったのだと火消しに躍起なのだ。

官僚の作った「答弁書」を何の考えもなく国民に向かって発言し続けてきた自民党の責任は大きい。いわば自業自得なのだ。谷澤忠彦弁護士が指摘するように、年金保険料を着服するような犯罪者集団・社会保険庁の役人の説明を鵜呑みにして、「抜本的改革」などと公言して憚らない、自民党議員の無能さはあきれる段階を超えている。

原因は肥大化して官僚社会主義にある。最近現出する不祥事はすべての中央官庁に及ぶ。責任を追及されないからやりたい放題である。世論調査によれば、中央省庁の官僚を信頼していないと答えた人は、「どちらかといえば」を合わせて七四%にも上ったという。それもそのはず、官僚たちはいまや国の財政を私物化し、あらゆる改革を骨抜きにしようと躍起になっているからだ。官を仕切るはずの大臣には実質的な権限がなく、また厳しい結果責任を問われることのない官僚たちは組織権限の拡大に専心するばかり。

宮崎の知事ではないが「官僚をなんとかせにゃいかん!」 かの国のように「人民裁判」を開いて公衆の面前で断罪すべきかもしれない。
【年金記録 発言要旨】

■舛添厚生労働相
5000万件の記録を全部チェックすることは来年3月末までにやる。ただ、選挙戦で意気込みとして言ったことが、3月が終われば、すべて年金問題がバラ色の解決ができているという誤解があった。正直ここまでひどいとは想定していなかった。(仮に)「来年4月1日に消費税を7%に上げる」と言ったとすれば、数字も期日もきちんとした公約だが、「3月末までに全部片付ける」と言った覚えはない。「できもしないことを言った」と言われるが、「できないかもしれないが、やってみます」とは言えない。記録統合の作業はエンドレスで、できないこともある。私のやり方がまずくてできないならば責任を感じるが、他の方がやっても結果は同じだ。

■町村官房長官
選挙中だから簡素化して言った。今年7月5日に政府・与党がまとめ国民に約束したのは、コンピューター上で5000万件の名寄せを行い、記録が結びつくと思われる人へ知らせることだ。結びつかない人もいるが、引き続き記録の突合せをやっていく。来年4月以降も精力的にやる。「最後の一人、最後の一円まで全部3月末までにやる」と言ったわけではない。選挙ですから「年度内にすべて」と縮めて言った。

官僚社会主義
日本を食い物にする自己増殖システム
北沢栄|朝日新聞社|2002年 11月発売
全集・双書|ISBN/JAN:9784022598165
本体価格:1,300円(税込:1,365円)

李下に冠を正さず!
スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/12 15:49 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。