◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

西鉄ライオンズ 最強の哲学 

気になる本があったがなかなか訪れる書店に在庫がなかった。今日、所用で「東京ドーム」を通りかかったのでひょっとしてと思って立ち寄ってみたら、20冊程度がつまれていた。

その本は「西鉄ライオンズ 最強の哲学」。野球関連は今後ここに来ればあるということだ。→山下書店

中西太氏が義父である知将・三原脩氏について書いた、いわゆる「三原ノート」である。最強の野武士軍団「西鉄ライオンズ」の三連覇から半世紀になろうとする今、三原野球を再検分することは意義あることだ。

「われ、いつの日か中原に覇を唱えん」。巨人に必ず雪辱を果たすという強い信念がそこにあった。私が、野球を学んだ「行徳正祐氏」も記者時代に三原監督と接した人であったためか、読んでいて行徳氏の言葉として聞こえてくる不思議さを感じている。「三原ノート」は野球のみならず社会おける「解」を多数提供してくれるものと確信する。

魔術師決定版・三原脩と西鉄ライオンズ
スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/12/19 22:51 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。