◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウォーキング 

朝から小雨模様である。休日の日課にしているウォーキングに出かけた。気温は思ったほど低くはない。今朝は家の周りを思うままに、雨がひどくなったら・・・を考えて。

Iphoneでさだまさしを聞きながらである。さだまさしの歌は歌詞に趣がある。約40分ほどの間の曲数は8曲ほどだ。そのなかで耳に残ったのは「津軽」だ。

蕭々と吹く風に雪煙
土蜘蛛の如くうずくまる林檎の樹
寂しさに立ち枯れたみちのくの
名も知らぬ木に氷が華と咲く
思えば あなたとの心の道行きは
荒海に 揺蕩二つの小舟の様に
櫂を失くして流されて
行方も知れずあてもなく
引き返すにも進むにも
浮かぶ瀬もなく


滔々とゆく河に泡沫の
はじける瞬の儚さを
哀しいと言わず愛しいと
答えたあなたの優しさが胸を突く
津軽に 訪れる春まだ遠く
心の 道行く先はなお遠く
凍てつく指に耐えかねて
ふとあなたの名をくちずさめば
降りしきる雪の彼方から
幽かな海鳴り


行ったこともない、冬の津軽の風景が目に浮かんでくるから不思議だ。



スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2011/03/06 13:43 ] 生活・文化 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。