◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

交換トレードは球団、選手の活性化に効果? 

ストーブリーグの本当の楽しみは交換トレードである。確かに、ドラフトも新戦力がプロ野球界に加わるのであるから、それなりには面白みはある。それに今シーズンでリストラされ、まだやれそうな選手がどこに再就職するか? 興味は尽きない。



なぜ交換トレードが面白いかといえば、球団の経営に対する取り組み姿勢がモロに出るからだ。今秋初めての大型トレードが阪神とオリックスという在阪球団から発表された。阪神の浜中治外野手(29)、吉野誠投手(30)とオリックスの平野恵一内野手(28)、阿部健太投手(23)の2対2のトレードだ。

素質的には申し分のない浜中。しかし、故障がちでなかなか実力を発揮でない。あの長嶋さん折り紙つきの未完の大器がオリックスで花開くか?機動力があって内外野を守れる平野であればバランスは取れている。

「チームの活性化のためにトレードは必要」と各球団ともいうが、問題はその選手が本当に活性化されるかだ。該当選手には、新天地で「野球少年」に戻って本当に好きな野球に打ち込んでほしいものだ。
スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/11/26 22:12 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。