◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

吾亦紅 

年末の紅白歌合戦で気になった歌があった。すぎもとまさとの「吾亦紅」だ。作曲家としての「杉本眞人」は数多くの名曲を世に送り出している。

吾亦紅は「吾木香」「我毛香」ともかくバラ科の多年草だ。辞書によれば『山野に生える。葉は羽状複葉。夏から秋、高さ約80センチメートルの花茎を立てて上方で枝を分け、それぞれの枝先に暗赤色楕円形の小さい花穂をつける。根茎は黒褐色で太く、漢方で地楡(じゆ)と称し薬用とする。[季]秋。』ということだ。

最年長でのNHK紅白歌合戦の初出場、ギター片手に亡くなった母親への思いを切々と歌い上げた。我々団塊の世代が心の片隅に持っている想いが、ちあき哲也の詞と融合して秀作となっている。

彼の曲で持っているものは、アモーレ・アモーレ(金蘭姫)、トーキョートワイライト、星空のトーキョー、セピア色の雨(チェウニ)、かもめの街(ちあきなおみ)、花のように鳥のように、ベッサメムーチョ(桂銀淑)、今ひとたびの~Vaya Con Dios(都はるみ)などである。


スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2008/01/21 22:18 ] 生活・文化 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。