◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

九州筑豊ラーメン 

商用で東急田園都市線「三軒茶屋」駅で下車。「東京の歴史名所を歩く地図」によると『国道246号線に沿って渋谷から厚木方面へと向かうと、三軒茶屋で2方向に分れ、左方向に行けばそのまま国道246号線、右方向に行けば世田谷通りとなる。国道246号線はかって大山道とよばれ、江戸赤坂から青山を通り、宮益坂から道玄坂、上目黒から世田谷を経て二子の渡しで多摩川を越え、溝口、長津田、海老名を過ぎて模川を渡り、厚木、伊勢原を経て大山に至る道。江戸中期の享保年間(1716~25)、丹沢の大山阿夫利神社には大勢の参拝客が訪れ、大山道は大山詣でに行く人々で大いににぎわった。阿夫利神社は、かっては東国の多くの武将によって寺領寄進などを受け、源頼朝も寄進したとされる寺であった。中世以降は修験道の道場としても有名だったが、大山は阿夫利山とも称し、俗に雨降山ともよばれていたため、干ばつの雨乞い・祈雨に霊験あらかただとして、農民からもあつい信仰を寄せられていた。江戸から大山までの途中、現地と同じように大山道は三軒茶屋のところで左に折れていたので、まちがえないようにと建てられたのが、不動明王像をのせた道しるべ。ここでひと休みをする人が多かったので、この三叉路には、突き当たりに信楽(後に石橋屋)、南側に角屋、北側に田中屋の三軒の茶屋があり、それが地名となって残った。三軒茶屋という、ちょっと風変わりな地名は、見た目そのまま、ありのままのネーミングだったというわけだ。』と紹介されている。

「北風」が強く肌寒く、「桜が開花しそうだ」といった昨日までの陽気とは様変わりである。そんな中、昼食をとろうと歩き回ったが、とにかく駅の近くまで戻ることに。風を避けるため「三茶三番街」と看板のある路地へ。すると「九州筑豊ラーメン」とある食堂を発見。東京ではあまりウマい九州ラーメンに出会ったことがない。この辺だと「用賀」の「柳屋ラーメン」はおすすめである。

腹は減ったし、寒いしとにかく中へ。「だんだんラーメン」590円を注文。麺といいとんこつスープといいまさに九州ラーメンだ。久しぶりに「うまか」ラーメンに出逢いウロウロ。昼食時で「半ライス」がサービスとはこれまた嬉しい限りでした。

九州筑豊ラーメンだんだん



スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2008/03/21 22:26 ] その他の地方 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。