◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

さようなら「鶴丸」 

昭和34年から親しまれてきた日本航空の機体尾翼のマーク「鶴丸」がその歴史に幕を下ろした。福岡空港では午後3時15分発羽田行きの328便が最後の飛行となった。

「鶴丸」マークは、五九年八月に日航の商標として制定。翌年七月、「DC8」機の操縦席窓の後ろに小さく描かれたのを皮切りに、七〇年のジャンボ機就航で尾翼に大きく描かれるようになった。以来、国内外の空港で旅行者らに親しまれてきたが二〇〇二年十一月からは順次、現行の塗装に変更。今や“鶴丸機”は国際線、国内線で二機を残すだけとなっていた。(千葉日報

最近JRの「ブルートレイン」が次々姿を消した。見慣れたものが姿を消していく様はなんとも言えない侘しさを感じるものだ。まして、戦後の復興、高度成長と「昭和」の象徴だったものが消えて行くことには・・・。「三丁目の夕日」の時代、昭和33年に完成した東京タワーも近々新東京タワーに主役の座を譲ることになっている。

大阪-羽田138便ボーイング777が「鶴丸」のさお後のフライトとなった。みんなに親しまれた「鶴丸」は昭和の大切な思い出となって歴史の静寂のなかに飛び去っていった。

昭和も遠くなりにけり
スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2008/05/31 22:03 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。