◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

横綱"風除け"謝罪会見 

謝罪なきままモンゴルへ帰国していた横綱・朝青龍が帰国して謝罪会見を開いた。「皆さまに長い間、大変なご迷惑を掛けたことを心からおわび申し上げます」「相撲は大好きなのでもう一度やり直そうと思った。足りない部分もあるので一からやり直したい」と少ない語彙を駆使して精一杯の会見であった。

記者団を前にしての会見あと、臨時横綱審議委員会(横審)に出席しそこでも高砂親方ともども謝罪を行った。再起まで厳しい意見を公言して憚らなかった、内館牧子委員と石橋義夫委員もその後の会見で態度を軟化させたところを見ると、朝青龍の気持ちは伝わったということである。

一方、同時にあの亀田大毅も謝罪会見を開いた。横綱・朝青龍の会見予定日時にあわせて開いたことはミエミエだ。どこまでも"姑息"なやり方だ。意図的に横綱を"風除け"に使ったとかんぐられても仕方のないやり方だ。

後は、どちらもファンがその評価をしてくれるであろう。どちらの会見がファンの胸に響いたかだ。言葉では「一(0)から出直します」ということであるから、後は今後の態度を見守るしかない。NHKがスポンサーの「大相撲」の朝青龍とTBSが応援するボクシングの亀田との差が、謝罪会見の"質"にモロに反映しているように思う。

スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2007/11/30 22:43 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。