◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久しぶりのウォーキング 

今日は朝からハッキリしない天気である。季節の変わり目は天候が不順になる。まさしく秋が一歩々々近づいているようである。仕事も一区切りつき、新聞の運勢欄を見ると「近所の神社仏閣にお参りすべし」であったためでもないが、運動不足解消もかねて「西公園」を歩いてみることにした。

小雨も振り出したので、伊崎の中央市民プール横から展望台を目指すことにして出発。登り始めると運よく?小雨も上がり、蒸し暑さには閉口するもののまあまあのコンディションとなった。木々からは「つくつくぼうし」の鳴き声が降るように聞こえていた。

久しぶりのウォーキングで展望台に着くころには汗びっしょりという状態となった。展望台から望む博多港方面は記憶とはずいぶん違っていた。高速道路、ビル群、木造家屋をほとんど見ることはできない。一服して光雲神社(てるもじんじゃ)を目指す。

母親の姉婿が宮司のとき、亡くなった弟が結婚式を挙げた場所だ。今年は弟の七回忌の法要を行ったが、改めて時節の流れを感じる。まさに「歳月人を待たず」である。鳥居の脇には今も「母里太兵衛(もりたへい)」の像が建っていました。黒田藩きっての槍の使い手として、「黒田節」のモデルとして福岡県人なら誰もが知る人物である。

大濠公園方向に坂を下る。この坂には「苦しい」思い出しかない。高校、大学の野球部時代冬のトレーニングはいつもこの坂でのダッシュだった。今見ると、大した距離ではないが、当時は距離といい、角度といい・・・キツかった。その時のトレーニングのおかげで今もこうして歩ける、と思えば感謝の気持ちしかない。結局天神まで歩くこととなり、万歩計は1万2千歩を指していた。久しぶりに充実した時間が過ごせた。
スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2008/09/06 22:27 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。