◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

資本主義の終焉 

9月15日のリーマン・ブラザーズの破綻から一ヶ月に成ろうとしている。アメリカのサブプライムローンが主要因だと専門家は指摘している。当初、一般の日本人の多くが、「対岸の火事」と感じていた海の向こうの住宅ローンのバブルが、リーマン・ブラザーズの破たん以後、金融危機に発展、世界中が官民挙げてその対処に追われる深刻な問題となった。

1989年から1990年にかけて、ソ連邦をはじめとする東欧の社会主義国は次々と民主化していった。全世界はこぞって資本主義、自由主義の優越性を賞賛した。しかし、社会主義、共産主義に比して優位性があったということだけであった事に気づくも者はいなかった。

今回の問題は、経済的イデオロギーによる国家の存在価値は無意味であることが露呈したに過ぎない。アメリカは「テロとの戦い」を声高に叫んでいたが、その戦いで勝利するはなかった。アラーの神の前にはキリストは無力であったということである。経済的に豊かだと感じることだけで人間は存在するのではないのである。

確実に資本主義は終焉に向かっている。対策は政府による資金の供給つまり国有化である。それが官民挙げてなのである。資本主義の終焉は、国家とは何か? 人間がコミュニティーを形成するキーワードは何か?を問うものなのである。 社会主義、共産主義の終焉から30年それに対する優位性を誇った資本主義、自由主義もその使命を終わろうとしている。
スポンサーサイト
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2008/10/11 05:36 ] 経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。