◆◆ 由無し事 ◆◆

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば・・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ライヴを見に出掛けた 


春の嵐である。朝から風が強く、雨が横から降ってく、そうな様相であった。友人の木村氏より自分が関係するライブに来てくれないかとの依頼で、夕刻から出掛けた。

場所は大名の「福岡ROOMS」での「大石昌良 G.D.アトラクションツアーPart2 」である。久しぶりにナマの音楽が聴けるということでちょっと興奮気味で会場に入った。ゲストアーティストは 江頭つとむ、そして大石昌良の弾き語りとなっていた。

両名とも初めてなので、そのプロフィールなどまったく予備知識はなかった。オリジナルの弾き語りを聞くわけであるから、まっさらの状態で音が耳に飛び込んできた。

ボーカルは両名とも相当なもので、聞く側の心をゆさぶった。ギターテクニックは江頭氏がブログに書いているように大石氏に一日の長が見えた。一曲々々を大切に歌う姿勢には十分に好感が持てた。両者にはメジャーになってほしい!  偽らざる実感であった。
リハーサルで目をひいたギターのテクニック。
間もなく楽しげに、時にセクシーに歌う声の素晴らしさ、上手さに気づき、
ライブでは巧みなステージングもあいまって、そのメロディー、歌詞の世界観に引き込まれ…

気付けばすっかりアトラクションの中にでもいるような気分でした。
大石昌良さん、スタンディングオベーションもののライブを観せて頂きました!
ご一緒出来て嬉しかった!

打ち上げでイロイロお話したらなんとまぁナイスガイなこと…。よか男です。

昨日観に来て頂いた皆さん、本当にありがとうございました(^0^)/

江頭つとむブログより】

大石昌良「世間に愛があふれる婚活は良いこと」

シンガー・ソングライターの大石昌良(29)が、17日に3枚目のシングル「ラブ」をリリースする。

 TBS系「クメピポ!絶対あいたい1001人」(水曜・後10時)4~6月度エンディング曲の同曲は、「婚活応援ソング」としても話題を呼んでいる。

 光文社「女性自身」編集部調べの『「婚活」に聞きたい応援ソングアンケート』で、1位の「負けないで」(ZARD、6348票)、2位の「らいおんハート」(SMAP、4435票)、3位の「粉雪」(レミオロメン、3176票)などのヒット曲に続き、大塚愛の「さくらんぼ」と同じ1183票を集め、堂々の6位にランクインした。

 自身も独身で“婚活中”の大石は「愛をテーマに歌っている自分なので、世間に愛があふれる婚活は良いことだと思います。自分も30歳が近いですし、子ども好きなので」とコメント。

 大石は学生時代から続けてきたスリーピースバンド「Sound Schedule」でボーカル&ギターを務めたが、06年に解散。08年に「ほのかてらす」でソロデビューした。

スポーツ報知
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2010/03/20 21:48 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

平成8年以来・・・ 

中学時代の同級生が久しぶりに集まりました。前回は平成8年であったというから、本当に久しぶりです。(平成8年9月28日:勝っ手同窓会

今回は、還暦を契機にあちこちで同窓会が開催されているのに、ポケモンクラブはその兆候さえない!ということで、近々同窓会をやろうではないかと有志が参集したのである。

集まってみれば4名(実際はドタキャンが一人)でしかなかったのはちょっと寂しかったかな。福岡・天神の「雑魚屋」に藤井さんの呼びかけで、小出(旧姓・川崎)さん、有吉(旧姓・島田)さんそれに不肖・伊藤が集まったという次第。

集まれば、そこは同窓生、話題に事欠くことはありません。欠席裁判?か、参加していない人のことを肴に延々2時間半、時のたつのも忘れて楽しいひと時を過ごしました。

ブログをあげるにあたって、自分のホームページを再確認してみたら、なんと平成16年9月8日のところに"NEW"のマーク! でも昔は一生懸命HP作りに励んでいたのに、今は頭が剥げただけとは情けなや!⇒(会員便り) 友泉中学・ポケモンクラブの紳士・淑女の皆さん昔の自分に出会えますぞ!
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2009/12/15 00:10 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

国は救っても・・・ 

福岡市博多区の東公園には日蓮上人増のほか、亀山上皇像がある。福岡県庁の正面に位置し、遠く博多湾を臨んでいる。亀山上皇は元寇の時に天皇家の実権を握っていた人物で、文永の役で焼失した筥崎宮に「敵国降伏」の書を奉納したとされる。

今朝はあいにくの曇り空、それでも市民の憩いの場所らしく、思い思いに時を過ごすヒトの姿が散見される。老人が多いのを見るに付け、少子高齢化の現実を認識せざるを得ない。

昨日、東京地裁は元女優の酒井法子被告に懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。本人は更正を目指し介護の仕事に付きたいとのことである。いいことである。

介護の資格は学校の通信教育で取るということである。少子高齢化の影響は彼女への就学合戦となって表面化している。私学の経営がいかに厳しいか?それとも教育に携わるもの心のプアーが露呈しているのか? Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2009/11/10 12:32 ] 福岡 | TB(0) | CM(131)

10月も今日まで! 

10月最後の日曜日は月末である。天気は快晴、初夏を思わせる陽気である。新しい仕事の準備で、中間市にある西南野球部の後輩である今井君が経営する美容室を訪ねた。

黒崎から直方を結ぶ「筑豊電鉄:通谷」駅に隣接して彼の店はあった。「DODSPEED for Hair」洒落た名前の美容院である。予め、BLOGを閲覧していたので違和感もなく、お店の雰囲気はよく、スタッフもなかなかよい人たちに恵まれ頑張っているようだ。

ぜひ新規事業に関して力を貸してもらわないと・・・。父君も美容室を経営し組合の役員をされているようなので心強い限りであった。

帰りは折尾駅まで船津君に送ってもらって電車に乗った。折尾駅は駅弁・かしわ飯で有名な駅である。

国鉄がJRとなって、特に北九州と福岡の間は便利になり、折尾から大野城まで1時間かからずに帰り着くことができた。10月の締めくくりとして、最高の一日となった。 Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2009/10/31 18:48 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

今年の八月はエポックが一杯だった! 

異常気象の夏も終わりを告げようとしている。最近の朝夕の清々しさは秋本番を思わせる。それにしても今年の八月はエポックが一杯だった。

8月30日、民主党が総選挙に大勝し、自公の連立政権がもろくも崩壊した。既に賞味期限切れの政権で、選挙の前から結果は見えていた。民主党の鳩山氏は後世、「あの日に日本の民主主義は変わったんだねぇー」と語られるであろうと言っているが、まさにその通りである。社会主義的な色彩の強い自由民主党が新自由主義的政策に走ったことがその崩壊の原因だったのであろう。

まさにその日、次男に二番目の息子が誕生した。生まれる前から男の子ということが分かっていて、名前も「航太」である。最近の子供は、世に出た時には名前がある、羨ましい話である。

野球は今年の夏の高校野球で母校修猷館がベスト4に進んだ。準決勝戦は筑陽学園との対戦となったが惜しくも敗れた。しかし、今大会全ての試合が修猷館らしい立派な試合であった。朝日新聞の総括記事でもう一度その活躍を噛み締めてみたい。
修猷館が話題に

今大会は、8強の半分を公立校が占め、公立の躍進が目立った。
その筆頭が修猷館。シード2校を含む、3試合でサヨナラ勝ちし、20年ぶりの4強入り。スタンドは連日、全校応援で盛り上がった。エース篠田が1点差を争う接戦で何度も投げ勝つ姿に、観客は感動した。東筑も昨夏の覇者飯塚に延長戦でサヨナラ勝ちし、大会を大いに盛り上げた。

そのほか、糸島や福島、戸畑も好投手を擁し、シード校の強豪私学に次々と勝利し、観客を沸かせた。糸島の森山博志監督が「公立が私学に太刀打ちできない時代は福岡でも終わった」と話すように、この夏、福岡大会は公立躍進の年と言えそうだ。

一方で、頂点まであとわずかのところで姿を消した優勝候補もあった。福岡大大濠は、大会屈指の左腕川原が修猷館打線につかまり、8強入りを逃す。2年連続決勝で涙をのんだ沖学園も、同じく優勝候補の福岡工大城東に9回サヨナラ負け。その福岡工大城東も筑陽学園に振り切られ、4強入りを前に姿を消した。

(朝日新聞:第91回全国高校野球選手権 福岡大会を振り返ってより)

8月29日には、九州六大学野球秋季リーグ戦が開幕した。春季リーグでは母校西南学院大は10連敗で最下位と散々な結果だった。

再起に向けた秋季リーグ戦初戦は春季リーグの覇者九州国際大だ。エース八木投手の見事な復活で完勝した。何とか3位までにくい込み、九州選手権への出場を果たしてもらいたい。そうすれば、ひょっとすると神宮が手中になるかも?(九州六大学HP

西日本新聞は次のように伝えていた。
西南 王者九国下す

九州六大学の秋季リーグ戦(西日本新聞社など後援)が29日、福岡県春日市の県営春日公園野球場で開幕した。3試合があり、春季リーグ戦最下位の西南大が同優勝校の九国大を5-1で破った。最速148キロを誇るエース右腕の八木修平(3年・武蔵台)が8安打1失点で完投。未勝利に終わった春の屈辱を晴らした。春2位の福岡大は弓削博輝(4年・西日本短大付)が同点ソロを含む3安打と活躍、久留米大に2-1でサヨナラ勝ちした。九州大も集中打で北九大に快勝した。

■八木熱投155球1失点

 エースが“復肩”を印象づけた。西南大の八木が155球の熱投。九国大の強力打線を封じ込めた。春は0勝3敗に終わっただけに「いいスタートが切れた。大学に入って一番投げました」。主将の梶原とグラブタッチをして喜んだ。

 リーグ最強打者を抑えて波に乗った。5点リードの3回2死満塁。春のMVP、九国大の加藤に真っ向勝負を挑み、フルカウントから外角直球で空振り三振。「自信のある球で勝負したかった。直球を待っていても抑えられるように思い切って腕を振った」。4打数無安打2三振と完勝した。

 10日ほど前に新型インフルエンザにかかり、39度の発熱で1週間、自宅療養を強いられた。ぶっつけ本番のマウンド。発熱するまでブルペンで連日、通常の夏場の倍近い約100球を投げて培ったスタミナが生きた。「最後まで投げきる力は残っていた」。9回も球威は衰えなかった。

 亡き球友にささげる白星でもある。今月上旬、2年生の小森龍之介さんが釣りを楽しんでいた福岡市のダム湖で亡くなった。ベンチには、昨秋の打撃十傑に入った小森さんの背番号「6」のユニホームと遺影があった。

 梶原は「龍之介のためにもやらないといけない。勝ててよかった」。八木も「今でも信じられない」と言葉を詰まらせた。「西南の野球で上位にいけるところを見せたい」。八木は苦難を乗り越えてつかんだ1勝に、2年連続の九州大学選手権進出の決意を込めた。

=2009/08/30付 西日本スポーツ
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2009/09/02 16:20 ] 福岡 | TB(0) | CM(1)

全国へあと二つ 

三走・村山サヨナラのホームイン修猷館は準々決勝で糸島高校にサヨナラ勝ちし、20年ぶりの4強を決めた。今大会は、5試合で4戦が1点差、3試合がサヨナラとまさにミラクル修猷館だ。23日の第一試合で筑陽学園が福工大城東を4-2で下したため、26日の第一試合で決勝戦をかけて対戦する。

20年前は、西短付に1-9と敗れたが今年は事情が違うと思う。接戦に競り勝って勝ち進んできていてチーム力は確実にアップしている。20年前はエース波多江が負傷をおしての準決勝戦だった。今年は、主将、エース、4番バッターの篠田が万全の状態で臨める。好材料だ。

そのほか、一つ一つのプレーの確実性は20年前のチームに比して勝るとも劣らない。ここまできたら、幾多の先輩達が達成できなかった「甲子園出場」という悲願を達成してもらいたい。突出した選手がいるわけではないがこのチームは本当によく機能している。チームワークとはこういうものだ。衛藤監督がインタビューで話したように「自分達の野球」を最後までやり通してもらいたい。

我々先輩達にも「彼の群小」を歌わせてくれ!


25日の準決勝戦
     第一試合 修猷館  ー 筑陽学園
     第二試合 自由ケ丘ー 九州国際大付

以上のようになりました。


Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2009/07/23 14:30 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

得意の接戦制し20年ぶり8強 

4-2で福大大濠を下す7月20日「西日本スポーツ」21面の見出しである。前日、県大会一回戦で、修猷館は福大大濠に4-2で勝利し20年ぶりの8強入りを果たした。

好投手福大大濠の川原投手に対し、4回二死から連続長短打で1点を先制。続く5回またも二死から四番篠田の中前打、五番金子の左中間三塁打の連続タイムリーで一挙3点を奪った。安定感のある守りで、福大大濠の反撃を八回の2点に押さえ勝利した。

【写真】最後の打者を中飛に打ち取り、ガッツポーズする修猷館・篠田

修猷館五回2死一、三塁、4番・篠田選手が中前適時打を放つ 南部大会の3試合がすべて1点差勝ち。内2試合はサヨナラ勝ち。今年は20年前のベスト4を突破できる予感がしてならない。実際にゲームを観戦してみて、完成度の高いチームであると実感した。次の対戦相手が糸島高校と決まっており、確実で手堅いゲームを期待したい。

【写真】修猷館五回2死一、三塁、4番・篠田選手が中前適時打を放つ




Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2009/07/20 18:51 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

2年連続で県大会! 

福岡大会組み合わせ表母校修猷館が7月13日、九州産業を延長十回4-3で下し2年連続で県大会出場を果たした。

歴史は繰り返すとよく言われるが、昭和63年と平成元年にも同じような事があった。昭和63年は県大会一回戦で八大付に0-3で惜敗。平成元年は準決勝まで進んだがあの“新庄”のいた西短付に1-9と完敗だった。

今日16日福岡県大会の組み合わせ抽選が行われた。修猷館は19日の第一試合でプロ注目の左腕川原投手の福岡大大濠との対戦が決まった。最速144㌔の直球と縦のスライダーの好投手であるらしいが、同じ高校生つけ入る隙は十分にあるはずだ。

本気で甲子園を狙うなら、第一戦目が好投手左腕であることはありがたいことである。今年のチームは香住丘3-4、福翔1-2、九州産業3-4とすべて逆転勝ち。福翔戦と九州産業戦はサヨナラと何かが起こる予感をさせてくれる勝利で県大会に出場を決めた。

昨年は県大会一回戦で東福岡に0-4で敗れている。今年の県大会初戦は後輩たちの戦いぶりを見に球場に出向く予定である。
Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2009/07/16 23:46 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

郷愁 

天神から市役所の脇をとおり、「福博であい橋」の東詰めに小島与一作の「三人舞妓」の像がある。ここから先が所謂「博多」である。福岡は武士の町、博多は商人の町と言われている。生まれが福岡であっても、静岡、東京で幼少年期を過ごしたため、正直言って博多のことはよくわからない。「博多弁」が嫌いだからというわけでもないのだが。

今日は「天高く馬肥ゆる秋」を象徴するような天気。好転に誘われて博多に触れてみようと出かけた。福岡市役所では「アジア太平洋フェスティバル2008」が開催されており、「アジア太平洋屋台」には美食を求めて長蛇の列ができていた。まさにこの季節人々の食欲は旺盛である。

中州を抜け、博多川端商店街へ。アーケードの中は予想していた以上に賑わっている。これも近くの「キャナルシティ」の効果なのであろう。20年ほど前と比べれば考えがたい好況だ。商店街を抜けて左に回れば「博多の総鎮守・櫛田神社」である。7月の博多祇園山笠ではその名は今や全国に知られている。

神社の前に今日の目的のひとつ「博多町屋ふるさと館」がある。館の中では博多織から博多松囃子、博多方言など展示と実演が盛りだくさんである。もちろん博多祗園山笠の映像も流されている。

興味を引かれたのは建物と建物の間、白壁に囲まれた路地には赤い郵便ポストが置かれ、「三丁目の夕日」さながらの昭和の原風景だ。博多の町並みの名残が残る冷泉町の中でももっともそれらしい「山本旅館」の脇を抜けて、東長寺へ向かう。

広い大博通りを渡ると東長寺である。今の流行なのであろうか、山門の前には人力車がずらり。浅草でもよく見かけた風景である。利用者は韓国人の団体らしい。地政学的に近い国であることが理解できる。もっとも韓国人は日本を指して「近くて最も遠い国」と言うのであるが・・・。

案内のよれば、「正式には南岳山東長寺といい大同元年(806年)に弘法大師が唐での御修行の後、帰国され博多に滞在された折、一寺を建立し密教が東に長く伝わるように祈願された寺です。そういう訳で、真言宗の弘法大師創建の寺としては日本で一番古い霊場です。」ということである。

六角堂と福岡大仏で有名なこの寺は以前から一度訪れてみたいと思っていたところであった。

初めて博多の空気に触れたような不思議な気分だ。

耳のアイポッドからは再び「吾亦紅」が流れている。

郷愁とはこういった感情なのであろう。秋とは不思議な季節である。食欲と物思い、このような所作が結びつくとは・・・。

Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2008/10/13 18:31 ] 福岡 | TB(0) | CM(0)

40年ぶりの再会だった! 

本田君は東京から、宮崎君はロスからの帰郷ということで、脇山君の呼びかけで西中洲の「上海餐室」に西南大学野球部の有志8名が集合した。2008年9月22日午後6時30分のことである。

この店のオーナーは福岡工業、福岡大野球部出身で同級生の竹島信之氏である。以前も九州六大学の50周年の打合せで利用させてもらったことがあった。

遠来の両名の指名で一年先輩の柴田さんが参加していただいた。また、一年後輩の高藤君も参加。高藤君は一番下の為か気を使って「バーテンダー」に終始。

両名の同級は、古川、船津、小生そして言いだしっぺの脇山の有志4名だった。話は、苦しかった島原キャンプで持ちきりとなった。勉強面では単位をとるのに苦労した話・・・。苦労した人も居た!

両君とは40年振りとは思えない雰囲気だ。同じグランドで汗を流したことはムダではなかったのである。そのほか話題に上った球友は阿久根先輩、矢次先輩、佐藤先輩、溝田先輩、青柳、野田、矢野、福永、千原。後輩では、田中、野口、広田。誰か忘れていたかも知れないけど、それはビール、焼酎に免じて許してもらうことにしよう。

命あるうちに又会おうなんて、淋しい話でお開きとなった。脇チャン有難うネ! Twitter「つぶやく」ボタン
[ 2008/09/23 21:03 ] 福岡 | TB(0) | CM(11)
プロフィール

Author:windofsyuyu
ご訪問ありがとうございます!
四住期の教えでは、林住期は仕事を離れ哲学にふける時期だそうです。世の中は変革期、豊かな社会が訪れますように!

プロフィールウィジェット
季節のおすすめ
釣りみくじ

ご当地グルメ

格安ホームページ制作屋が送るご当地グルメ画像
全国温泉・露天風呂番付
もんじろう
お名前ネーチャー
本当の名前がわかるBlogパーツ!色占い付!
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。